2017年8月13日時点の相場分析となります。

[日経225オプションの自動売買について]

日経225オプションの自動売買をしています。

海外FXと違ってまとまった資金が必要ですが、手堅く利益が出ます。

詳細は下記記事をお読みください。

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

<運用実績>

2016年5月:121,600円
2016年6月:188,872円
2016年7月:261,816円
2016年8月:316,384円
2016年9月:345,332円
2016年10月:541,476円
2016年11月:970,982円
2016年12月:754,354円
2017年1月:1,402,523円
2017年2月:1,174,306円
2017年3月:1,415,862円
2017年4月:1,345,072円
2017年5月:844,504円
2017年6月:492,091円 
2017年7月(NEW):967,015円 

毎月のSQの実績はこちらで公開してます。

2016年8月~2017年7月のメンバーのSQ実績まとめは「googleスプレッドシート」を参照。
※google chromeじゃないとかなり重くて見れないかもしれません。

日経225オプションと日経平均の相場分析&戦略についてはこちらで公開してます。

<日経225オプション&日経平均の相場分析>

FX、CFD以外の投資/投機以外で、日経225オプションの自動売買をやっています。

日経オプションだけでなく、日経先物、日経CFDの取引の参考になるのでブログに内容をアップする事にしました。

先物やオプションの知識がないと単語が分からないかもしれませんが、興味がある人は各自調べてください。

——————————————–
8月13日時点の相場予想

週末の動き

米朝軍事緊張でリスクオフモードとなり、ニューヨークダウは21844.01-204.69と大幅下落する。ナスダックは6216.87-135.46とハイテク株は大幅に売られる。
7月PPIは前月比-0.1%となり1.8%と市場予想を下回る。10年債利回りは2.201%-0.04と低下する。ドル円109.05と円高進行する。

CME日経225先物9月限円建は大幅に下落して19355でほぼ安値引け。

週末の米株式市場は、前日の北朝鮮問題が織り込まれたのか、3指数共に小幅反発する。ニューヨークダウは21858.32+14.31と反発。ナスダックは6256.56+39.68と反発する。
7月CPI予想下回り、10年債利回りは2.188%-0.026と低下する。ドル円109.15と前日と同じレベル。WTI48.79+0.20と減産合意で反発する。

CME日経225先物9月限円建は19395と小幅反発する。今週はこの前後での寄付きが予想される。

環境

今週は、お盆休みで日本市場;国内投資家は休みモードとなるが、その隙を狙った欧米短期筋の仕掛けが起きる。
ヘッジファンドは、北朝鮮地政学リスクを材料に、株価指数を動かし、利益を狙う。

北朝鮮地政学リスクだけであると、既に織り込みかけて、ニューヨーク市場は小幅反発に向い、日経225は19395で引けている。

次の課題は、ここから19000割れに向けて下げる展開となるのかどうか、反発して20000に向かうのかどうかを見極める非常に大切なタイミングとなる。
日経新聞予想;地政学リスク警戒、19300-20000レンジで推移。となっており、19300が底としたい思惑が見える。

Risk

米金融緩和からの出口で起こる株価下落は、北朝鮮地政学リスクをきっかけに、アノマリーでの8月ー10月に起きつつあるのかというシナリオでいいのかどうか。米株は殆ど調整をしてなく、北朝鮮リスクのみでの下落幅で、すぐにでも最高値を突破していくレベルである。

ニューヨークダウの上昇は、ボーイングとアップルに依存していたことで、脆弱であるとの指摘が多い。

北朝鮮地政学リスクは、押した所は買いで攻めるとの認識であるが、欧米金融緩和からの退出と8月から10月の季節要因、VIの歴史的低レベルからの切り返し、米株の割高感、などが複合的に絡み合っていることで、素直に買いを入れ難い。

また、ヘッジファンドの、円売り日経225買いポジションの巻き戻しが終了していないことから、一気にunwindが起こるのかどうか見極めたい。
リスク要因は何も取り除かれていないことを認識したい。

戦略

option

今週月曜日に日経225は急反発するのかどうか。プットプレミアムは急騰して、逆張りが出来れば大きな利益を取れるが、そのような環境でもない。
今週は、動かないことがもっともよい戦略。

mini-futures

VIが上昇して、久しぶりにfuturesの環境となってきている。適切な売買で利益を目指す。

最後までお読み頂きありがとうございました!

このブログランキングに2つ参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

詳細は下記記事をご確認ください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

<XMを使う利点>

・レバレッジ888倍

・トレードに使える入金ボーナス

・追証なしのゼロカットシステム

・取引する毎にXMP(XMポイント)を取得出来、現金やボーナスに変換できる

・完全日本語対応で、日本語でのライブチャットやサポートチームも完備

・クレジットカードだけでなく、三井住友銀行経由での国内振り込みも可能。(24時間以内に対応で手数料は通常の銀行振込の手数料のみ)

海外FXブローカーのXMについての詳細は海外FX(XM)のメリットとデメリットについてをお読みください!

また、当ブログ経由でのXM口座開設であれば多数の特典を提供させて頂いております。
100%ボーナスで12.2万の証拠金があれば、逆指値トラリピEAを使って余裕で運用可能です!

是非ご利用ください!!

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。

[おすすめ記事]

考察&手法

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

今からでも遅くない!? ゴールドでトラリピという選択肢

・くるくるワイドを簡単にやる方法

くるくるワイドを簡単にやる方法(結果レポート)

月収30万~40万稼げるローリスクなトラリピ設定

→7/13~8/7の4週間で426295円稼げました。進捗は週間トラリピ実績を参照。

月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定

→9/21~10/16の4週間で164986円稼げました。

月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定

→11/2から本格始動。

初心者必見! トラリピの含み損とトレーダーの精神的負荷について

トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~

FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~

FXあるある失敗談~その他~

ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~

XMのメリット/デメリットや特色について

当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典

XMの口座開設マニュアル

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり

スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法

海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!

最少スプレット0pips! XM ZERO口座

XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

暗号通貨関係

暗号通貨、仮想通貨で脱税出来る!? 世の中そんなに甘くないです

トラリピEA&MT4について

トラリピEAにトリガー機能を搭載! ※指定した価格に到達したらトラリピ開始

トラリピEAにトレンド診断機能を搭載! ※逆行相場で自動停止&予約注文削除

トラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載! ※自動押し目買い、戻り売りが可能

トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
原油先物日経平均のトラリピEAもあり。

トラリピシミュレーターの無料提供

M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い

M2Jトラリピの落とし穴

MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!

[儲け話・・・]

儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたらページトップのお問い合わせをご利用ください。