XMの特徴と強み

XM(XMTrading)を徹底解説!長年利用して分かったメリットとデメリットまとめ

海外FXブローカーであるXMTrading(以下、XM)は、2009年にサービスを開始し、2016年2月に50万、2017年1月時点で口座開設数は累計100万人を突破しています。

2018年7月24日時点で口座開設数は150万人以上を突破しているようです。

サービスの質も非常に高く、2018年6月にCapital Finance International Magazineよりベスト市場研究&学習賞を、World Finance Magazineより2018年のベストFXブローカー、ヨーロッパ賞を受賞しています。

管理人がXMを利用しだしたのは2015年10月頃からですが、サービスの質は高く、非常に使いやすいブローカーと実感しています。

特に以下にあてはまる人はXMを選んでおけば間違いないでしょう!

・安心できる大手の海外FXブローカーを利用したい人(初心者向け)

・日本語対応に力を入れている海外FXブローカーを利用したい人

・資金なし(口座開設だけで3,000円ボーナス取得可能)で海外FXを体験したい人

・追証なし、豊富なボーナスでハイレバ取引をしたい人

・手数料無料の入金手段と、格安で確実に出金できるブローカーを求める人

それでは管理人の長年の経験も踏またうえで、XMの特徴をメリット、デメリットにわけてレビューしていきます。

今なら新規口座開設だけで$30もらえます!

口座開設はこちらから!

記事の一番下に口座開設マニュアル、当ブログ経由の口座開設特典のリンクあり。

XMのメリット

1.海外FXブローカー随一の信頼性・安全性

「信頼性」「安全性」と聞いても、「具体的には?」となると思います。

いくつかありますが、一番は「入金した資金や、トレードで得た利益」を「確実に出金できる」ことです。

「何を当たり前の事を・・・」と考える人もいるかもしれませんが、海外FXではそれが一番重要です!

XMはそれが確実にできるブローカーであり、その信頼性は業界随一と言ってよいでしょう。

管理人が何故そう判断しているか説明します。

信頼性について

①XMは2009年にサービスを開始し、2018年時点で9年もサービスを継続しており、突然潰れる可能性は低い。

国内ブローカーでは9年という期間は珍しくもないかもしれませんが、金融規制の隙間産業的な海外ブローカーで9年も続いているのはXMぐらいでしょう。

数年前に日本人に大人気だった海外FXブローカーがありましたが、金融庁がそのブローカーが取得しているライセンス機関(他国の金融機関)に圧力をかけ、日本人へのサービス提供を終了した事もあります。

しかし、XMの場合、複数の国でライセンスを受けている為、一つのライセンスがダメになっても、他のライセンスを使えるので問題ありません。

実際にXMは金融庁から目の敵にされてますが、圧力に屈したキプロスライセンスからセーシェルライセンスに切り替えて、サービスを継続しています。

実はセーシェル以外のライセンスも10以上取得してますが、全てを公式ページに開示する必要はないので消してる状態です。(数年前まではのせていた)

ようするにXMが急にサービスを終了する可能性はほとんどないという事です。

②出金拒否や不利約定などがない

XMの9年の運営歴の中で、「不正利用(規約違反)ユーザー」以外の出金拒否はありません。

私も何十回と出金してきましたが、一度も出金拒否はありませんでしたし、出金までに特別長くかかった事もありません。

今のネット社会では、悪い噂はすぐ広がるので、XMのような最大手ブローカーが、あえて悪質な行為をする可能性はないでしょう。

しかし、自転車操業的に稼働しているブローカーの場合、出金申請してから実際に出金手続きに入るのに1日タイムラグがあるケースや、会社を潰す前提で悪質行為をするブローカーもあるので気を付ける必要があります。

ちなみに不利約定はXM以外のブローカーだと結構経験があります。

ポジションを決済しようとクリックしてから、実際に決済されるのに長めのタイムラグがあるので、ある意味わかりやすいです。

XMでは不利約定を感じた事はないので、その点は信頼できます。

安全性について ※80%のトレーダーにとって重要

XMでは出金申請後、即座に口座残高に反映されます。(実際の出金は営業日で24時間以内)

これは非常にトレーダーにとって安全な事です! 

「どういうこと??」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、トレーダーの80%はマーケットの荒波の中、自分を100%制御できません。

「〇万円利益がでたから、一度出金しよう」

「〇万円も負けたから、これ以上損しないよう出金しよう」

「口座に資金があるとついトレードしてしまうから出金しよう」

そう考え、出金申請したとしても、即座に口座残高に反映されない場合はトレード出来てしまうわけです。

国内FXブローカーは即座に口座残高に反映されるのが当たり前ですが、海外FXブローカーは翌営業日まで反映されないところがかなりあるんですよ。

恥ずかしながら、管理人は我慢できずにトレードを再開してしまい、せっかくの利益がなくなってしまったり、損失が大きくなった経験があります。。

リアルタイムに取引ができるというのは良い事ばかりではないと思います(笑)

2.顧客の委託金は分別管理。最大100万ドルの保険にも加入

XMは国内FXブローカーと違い、完全な信託保全を整備していません。

※信託保全とは、顧客の資金を提携先の信託銀行で分別管理し、FX会社が破産、倒産しても信託保全の範囲内で顧客の資金が返還されることです。

しかし、XMでは顧客の資金はイギリスの大手金融機関であるバーグレイズ銀行で分別管理されていますので、あえて心配することはないでしょう。

それに加え、XMはAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の最大補償額100万ドルの保険にも加入しています。

2009年から営業しているXMは、日本人が選択する海外FXブローカーの中で一番資本が大きく、世界情勢が大きく動く時のレバ規制などの守りが固いです。

なので「XMが倒産するかも?」と心配するような人は、海外FXを利用しないほうがいいと思います。

まあ、なくなったら困るような資金を入れなきゃいいだけですね(笑)

3.FXのwebセミナーやマーケットニュース動画などがある

海外FXブローカーでは珍しく、FXの日本語webセミナーやマーケット分析レポート動画が完備されています。

webセミナーについては事前に予約登録が必要がですが、日本人講師によるオンラインセミナーが受講できます。(下記画像はセミナーの一例)


初心者向けではありますが、開催頻度も多く、充実していると思います。

その他、取引ツールの動画マニュアルや、FXシグナル配信サービスなどもあり、情報サービスが充実しています。

4.口座開設の特典や入金・取引ボーナスが業界No.1

①口座開設と開設後の口座認証を完了させるだけで、3000円の取引ボーナスが貰える。

XM(XMTrading)のFX口座開設方法。約5分で簡単に口座開設できます! ボーナスプレゼントですぐにFX・CFD取引も可能海外FXブローカー「XM(XMTrading)」のFX口座開設の手順をわかりやすく説明していきます! この記事では開設手順に重点を...

上記記事の後ろの方で書きましたが、口座認証後にマイページで「ボーナス請求」すれば、自動的に3,000円のボーナスが付与されます。

ボーナスとは

取引に使える仮想マネーのことです。

出金できませんが、現金と同じように証拠金としてカウントされます。

実際に現金0円、ボーナス3,000円でも取引可能。

レバレッジ888倍なので、1,000通貨単位ならお試しでトレードするには十分です。(マイクロ口座なら10通貨から可能)

“初回だけでない”100%入金ボーナス&追加入金ボーナス

XMは初回入金に対して100%入金ボーナスのキャンペーンを常時開催しています。(500ドル=約5万円の上限あり)

2018/7/29時点でドル円レートは1ドル約111円なので、500ドル×111円で約5.5万まで100%ボーナスが付与されます。

くわえてXMは1年に最低1回は100%ボーナスのキャンペーンを開催しており、2018年度では3月12日に再度100%ボーナスが適用されました。

3月11日に100%ボーナスを受け取った人も12日に再度100%ボーナスを受けれた為、非常に美味しいキャンペーンでした。

追加入金ボーナスは、初回100%ボーナスが付与された後、4500ドル分(約50万円)のボーナスが付与されるまで、入金時に20%ボーナスが付与されます。

XMで新規口座開設して、10万円入金した場合

・新規口座開設ボーナスで3,000円

・100%入金ボーナスで55,000円 ※2018/7/29時点の1ドル111円換算

・追加入金ボーナスで9,000円

現金10万、ボーナス6,7万の合計16.7万円の証拠金でトレードを始めることができる。

ユーザー個別で期間限定オファーがある

どういう基準で期間限定オファーがくるかはわかりませんが、定期的に500ドルの100%ボーナスオファーがきます。

最新のオファー(2018/10/18)では何と1000ドルの100%ボーナスの期間限定オファーがきています。(下記画像参照)

5.最大レバレッジ888倍で追証なし

日本人が使える海外FXブローカーでもレバレッジ888倍はほぼ上限で、ゼロカットシステム採用で追証も発生しない為、安心して資金を入れる事ができます。

国内FXブローカーはレバレッジを一律25倍にされ、更にレバレッジを引き下げようという動きもありますが、レバレッジが高い=ハイリスクというわけではありません。

レバレッジ888倍の限界に近い取引LOTで取引するならハイリスクですが、レバレッジが高い分、取引するうえで拘束される証拠金が少なくてすむメリットは非常に大きいです。

ロスカット水準も国内FXより優秀

国内FXブローカーは自動ロスカット水準(強制ロスカット)は証拠金の50%~100%ですが、XMはレバレッジ888倍でありならロスカット水準20%と優秀です。

ある程度レバレッジを利かせた取引LOTのポジションを持ったら、すぐにロスカットされてしまうという事態にはなりづらいと言えるでしょう。

6.入金・出金システムが非常に優れている

XMはクレジットカード、国内銀行(三井住友銀行)、bitwallet、オマケでビットコインの入金・出金に対応しています。

・国内銀行送金は、XM指定の三井住友銀行口座への入金で、平日の午後3時前までなら1時間以内に口座に反映されるサービスです。

クレジットカードがなくても国内銀行送金で対応出来ますが、1万円未満の入金では1,500円の手数料がかかる点には注意してください。

・クレジットカードは24時間、365日いつでも即時入金可能。

但し、VISA、JCB、Maestroが利用可能ですが、MASTERカードは使えません。

・ビットコインの入出金も対応してますが、使う人はほぼいないですし、メリットもないので省略します。

・出金については、bitwallet経由で出金するのが一番コストパフォーマンスが良いです。

詳細は下記記事を参照してください。

https://kaigai-toraripi.com/bitwallet-xm

7.MT4、MT5が両方使える

XMのメイン取引ツールはMT4ですが、MT4の機能を改良させたMT5も使用できます。

口座開設時にMT4とMT5を選択する必要があり、一つの口座ではどちらか片方しか使えません。
※XMでは追加口座を7以上持てるので問題なし

MT4とMT5を比較しているサイトは多くありますが、結論は下記2点です。

①MT5の方が動作スピードも軽く、チャートの時間足の数も多く、ユーザーインターフェースも優秀。

②MT5に対応していないEA(自動売買)やインジケーターが非常に多い。

②の理由で、FXブローカーそのものがMT5を採用していないケースがほとんどなので、両方使用できるのはXMのメリットです。

8.XMロイヤルティプログラムで取引するたびにポイントが貯まる

XMロイヤルティプログラムは、取引するたびにXMP(XMポイント)が貯まるXM独自のサービスです。

日本人が使える海外FXブローカーで、この手のサービスがあるのはXMだけで、かなりおいしいサービスと言えるでしょう。

具体的には1LOT(10万通貨)の取引たびに、XMPが10ポイント~20ポイント貯まります。(1000通貨なら1ポイント~2ポイント)

XMPはボーナスまたは現金に交換可能で、ボーナスの交換レートは下記の通りです。

現金は交換レートが非常に悪いので、交換するならボーナス一択と言えるでしょう。

「ボーナス(USD)=XMP÷3」

「現金(USD)=XMP÷40」

XMロイヤルティプログラムは、上記画像のように「EXECUTIVE→GOLD→DIAMOND→ELITE」とステータスランクが取引期間に応じてランクアップしていきます。

例えばELITEランクになれば、1LOT(10万通貨)の取引ごとに20XMP貯まる為、気づいた時にはボーナス換算で数万貯まってる事はよくあります。

XMロイヤルティプログラムとXMPの有効活用については、下記記事にまとめてあるので、そちらを読んでください。

ちなみに管理人は過去にボーナス換算で数十万貯めました!

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法XMロイヤリティプログラムの効果的な使い方について解説!...

9.NDD方式で約定力が非常に高い。約定拒否なし。

XMは設立当初から、リクオート&約定拒否なし、全注文の99.35%を1秒未満で執行しています。

国内、海外FXブローカー問わず、この手の「約定アピール」は多いですが、実際使ってみると「約定したいときに注文が通らない、大きめに価格がずれる」という事を何度か経験してます。

10.webサイト、サポート部署ともに完全日本語対応

日本人向けの海外FXブローカーの老舗だけあり、webサイトの日本語化対応は完璧で、サポート部門も日本人が対応しています。

国内FXブローカーと同等にwebサイトから情報を読み取れます。

サポートのレスポンスも早く、土日以外なら基本的に24時間以内に返信がきます。

また、平日朝9時~21時はライブチャットも利用出来、そちらも同様にレスポンスが早く、サポートの質は高いです。

11.取引開始のハードルが低く、すぐにトレード出来る

XMはクレジットカードによる最低入金額500円、最低取引LOTは10通貨からトレードを始める事が出来ます。

初回口座開設の特典で3000円のボーナスが貰え、利益が出た場合の出金も、bitwallet経由で出金すれば手数料は824円と格安です。(通常は海外送金で5000円前後かかる)

12.FXの取引銘柄が多く、CFD、先物銘柄も多数ある

XMはFX通貨ペア57銘柄、貴金属4銘柄、CFD42銘柄も取り扱っています。

FX通貨ペアは国内FXブローカー以上に銘柄多く、メジャー通貨ペアから超マイナー通貨ペアまで何でもあります。

CFD銘柄については、スワップがかからない先物銘柄もある為、マイナススワップを気にせずにポジションをキープ出来るのが嬉しいです。
(基本的にCFD銘柄はロングでもショートでもマイナススワップがそれなりに発生する)

CFDは銘柄ごとにレバレッジが違いますが、レバレッジ100倍前後の銘柄が多いです。

また、2017年9月より仮想通貨(ビットコイン/ドル)の取り扱いも始まりましたが、はっきりいってXMで仮想通貨取引するメリットはありません。

詳細は下記記事を参照してください。

XMのビットコイン/アルトコインFXは使えるか?一応使えるか検証してみましたが無理ですね。他のおすすめを紹介しておきます。...

XMのデメリット

1.スプレッド水準が普通

XMはスプレッドが他の海外FXブローカーと比較して狭くも広くもありません。普通としか言いようがないですね。

スプレッドについてもう少し付け加えます。

下記画像は、XMのスタンダード口座(マイクロ口座含む)とZERO口座のスプレッドの2018/10/16時点の公式公表スプレッドです。

※ZERO口座の方がスプレッドが狭いですが、ZERO口座は10万通貨あたりの取引で往復10ドルの手数料が差し引かれる仕様となります

XM ZERO口座について

上記のようにスプレッドはスタンダード口座より狭いですが、下記デメリットがあります。

・手数料が10万通貨あたりで往復10ドルかかる。

・レバレッジは500倍(スタンダードは888倍)まで。

・入金ボーナスなし

・XMロイヤルティプログラム対象外

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法XMロイヤリティプログラムの効果的な使い方について解説!...

また、往復手数料10ドルを考慮すると、スプレッドが狭いメリットはそれほどありません。

よほどのスキャルピング強者ではない限り、通算でのメリットは出せないでしょう。

2.レバレッジを利かせすぎてしまう

XMは最大レバレッジ888倍なので、国内FXのレバレッジ25倍に比べて、大きなポジションを建てやすくなっています。

下記はドル円が112円の時に10万通貨取得した場合の必要証拠金例です。

・XMで10万通貨のポジションを建てるのに必要な証拠金は450,00円。

・国内FXで10万通貨のポジションを建てるのに必要な証拠金は12,650円。

くわえてXMでは入金ボーナスが20%~100%あるので、大きなポジションを建てやすい状態になっています。

ゼロカットシステムにより追証がないのも、ついついハイレバにしすぎてしまうというデメリットとも言えます。(長所と短所は表裏一体)

国内FX以上に「証拠金管理」が必要と言えるでしょう。

3.日本の金融庁から警告されている

海外FXブローカーに対する日本金融庁の風当たりは厳しく、その中でもXMは日本人が最も利用しているブローカーの為、たびたび圧力を受けています。

しかし、何かを規制、圧力をかけられるたびに、XMは他の手段に切り替えているので、心配するだけ無駄でしょう。(長年使ってると実感しますけど)

いくつか例を出します。

・XMが以前に日本人向けで利用していた「キプロスのライセンス」が金融庁の圧力で規制されたので、その規制が完全になる1年ほど前からaセーシェルのライセンスに順次切り替えた。

・オンラインウォレットサービスのネッテラー、スクリルが規制されたが、Bitwalletという「より」利用しやすいオンラインウォレットサービスが使えるようになった。

※一部銀行でXMからの送金を受け取れないケースもあったが、上記のBitwallet経由で出金すれば受け取る事が可能

いつか完全に利用出来なくなる日も来るかもしれませんが、資本力があるXMが利用出来なくなるなら、海外FXブローカー自体を利用出来ないレベルの規制でしょうから、そういう意味でも考えるだけ無駄だと思います。

XMの総括

以上がXMのメリット、デメリットを含めた解説となります。

海外FXブローカーはどこもレバレッジが高い事を考えると、デメリットはスプレッド水準が普通な点ぐらいだと思います。

海外FXの中ではXMが一番使いやすいのは確かなので、まずは試してみてください!(デモ口座もあります)

今なら新規口座開設だけで$30もらえます!

口座開設はこちらから!

海外FX XMの口座開設特典 ※トラリピEA他10個!XM紹介サイトで特典数No.1! トラリピEA提供他10個、毎月総額1.5万円が当たるイベントも開催中。その他100%入金ボーナス中です...
XM(XMTrading)のFX口座開設方法。約5分で簡単に口座開設できます! ボーナスプレゼントですぐにFX・CFD取引も可能海外FXブローカー「XM(XMTrading)」のFX口座開設の手順をわかりやすく説明していきます! この記事では開設手順に重点を...