口座開設とブログ特典

XMの口座開設マニュアル

XMの口座開設マニュアルです。

[海外FX(XM)の口座開設マニュアル]

口座は「マイクロ」「スタンダード」「エグゼクティブ」とありますが、「マイクロ」口座での開設をお勧めします。

スタンダード以上の口座は取引LOTが大きい為、リスクが高すぎるのでおすすめしません。

トラリピEAを稼働させる場合でもマイクロ口座で十分ですし、マイクロ口座でも10万通貨までは1回の注文で出せますので、失敗したら即死の可能性さえあるスタンダート口座でやる必要はないと思います。

それにスタンダート口座では1000通貨以下(10通貨~999通貨)の注文は出せませんしね。

————-10/17追記—————————
XMに最少スプレット0pipsのZERO口座が出来ました。

こちらは下記で説明している入金ボーナス、ロイヤルティプログラム、口座開設ボーナス(30ドル)は適用されない口座となります。

またポジション取得時点でスプレットは別で手数料が取られる為、トラリピ向きではないです。

詳細は下記記事をご確認ください。

・最少スプレット0pips! XM ZERO口座
————————————————–

[注意事項]

口座開設の申し込み「メールアドレス」はヤフーメール以外が望ましいです。

ヤフーメールの不具合なのか、XMからの口座開設完了のメールが届かないケースが多いようです。
ヤフーメール以外でも迷惑メールフォルダに届く事が多いので注意してください。

また、どうやら口座開設の画面で、googleクロームとは相性が悪いようなので、もし口座開設作業が上手くいかないようならIEかFirefoxを使ってみてください。
※口座開設画面のプルダウンが選択出来なかったケースもあるようです

上記注意事項は2014年当時の話で、現在はこのような事は起きてないと思われます。

[口座開設のステップ]

上記バナーをクリックすると、下記画像のページに飛びます。

記入内容は画像を参照してください。

・ローマ字で記入する点と電話番号の最初の「0」を省いて書くぐらいで、特に難しい事はありません。

住所をローマ字で書く場合も「JuDress」という日本語住所を英語表記に変換するWebサービス(無料)を使えば簡単にできます。

住所を入力して「実用的に変換」とすれば全てローマ字で入力されます。後はそれをコピー貼り付けするだけです。

リアル口座の登録 2/1の後は2/2に進みますが、特に迷うところはないと思うので画像を参考に記入してください。

全て入力が完了して申し込みをすると口座開設確認の画面に移ります。

[口座開設の申し込み後について]

申込み完了後、すぐに口座開設完了のメールがXMから届くはずです。

「迷惑メールフォルダ」に振り分けられる事が多いので、届いてなかったらそちらを確認してください。

登録プロセスを完了させるには、Eメール確認のリンクを24時間以内クリックする必要がある為、続けて作業を進めてください。

Eメールアドレスの確認が完了してリアル口座の開設が完了するとXMから下記の画像のようなメールが届きます。

その後口座有効化の為に、身分証(運転免許証/パスポート)や現住所証明(住所に届く請求書)をアップロードする事になります。

口座の有効化が完了しないうちは、取引&出金不可なので、早めに書類をアップロードしておきましょう。(口座有効化は土日以外で1日~2日で完了)