相場分析&戦略

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2018年6月12日

<

日経225オプション&日経平均の相場分析

オプション自動売買の相場分析&戦略記事です。

あわせて読みたい
日経225オプション自動売買の運用成績(3月SQ~5月SQ) ※2月SQで大損したが再始動はじめに https://kaigai-toraripi.com/fx-trade604 上記の投資案件でコツコツお金を稼いでい...

————————–

米朝首脳会談、FOMCなどbig event を控えて様子見。
G7結果は影響せず。

ニューヨークダウ25322.31+5.78,ナスダック7659.92+14.41で小幅上昇。

WTI66.10+0.36、金先物1303.2+0.5で引ける。

10年債利回り2.9516+0.0166、2年債利回り2.5243+0.0283とFOMC前に2年債利回り上昇して長短金利差縮小。

CME日経225先物9月限円建は22920と上昇して引ける。

大阪取引所日経225ミニ先物9月限は22955で寄り付く。ドル円110.40と円安進行。

22965タッチして、米朝首脳会議10:00開始前に徐々に上げ幅縮小して10:00に11745タッチして再度上げ幅拡大して22880前後でのもみ合い。

現物前場引けにかけて22735タッチして22840前後でのもみ合い。
現物後場から229あ20タッチして22840前後でのもみ合い。

現物は22878.35+74.35で引ける。

日経225ミニ先物9月限は22840+60で大引け。

日経平均VIは15.28-0.10と低下する。ドル円110.30台。

先物買いで釣り上げて開始と同時に利益確定売りを出すevent drivenの動きが出ていた。
しかし崩れることはなく底堅く引ける。

ドル円110.10を突破して110.40台まで円安進行するが、日経225は上値が重たい。

今日の日経新聞記事;景気先行指標の製造業PMIが低下傾向となる。世界経済の失速を警戒と出ている。

それを織込むように米10年債利回りが3.0%を突破してこない。

日本時間6月14日木曜日にFOMC結果;利上げが発表されたとき、出尽くしで利回りが低下した場合、世界経済失速がほぼ現実化する。一株益のピークを示す。

最後までお読み頂きありがとうございました!

連絡等はこちらのお問い合わせをご利用ください。

このブログランキングに2つ参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

XM口座開設特典

特典画像1

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均でトラリピ可能。PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)
トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。