海外FX(XM)で裁量&トラリピ:週間トラリピ実績(9/15~9/19)と今週の見通し

—————————-テンプレ———————————–
海外FXならレバレッジ888倍のXM!
ゼロカットシステム(残高マイナスにならない)と入金ボーナス100%(5万入れたら10万動かせる)で、国内FXより安全に取引出来ます。
詳細は「海外FX(XM)のメリットと口座開設方法について」をお読みください。
[おすすめ記事]
・FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~
・ユーロドル貯金口座を作ってみませんか?
・スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて
・XMの口座開設マニュアル
・XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法
・海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)をお勧め!
・週間トラリピ実績
トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~
・M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い
・M2Jトラリピの落とし穴
・MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!
・1万通貨で1日196円の驚異のスワップ! EUR/TRY(ユーロ/トルコリラ)のトラリピ始めました
・ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~
・XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう
—————————-テンプレ———————————–
励みになりますので1票投票お願いします!(それぞれクリック)
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

為替・FX ブログランキングへ
トラリピ通貨ペア  ※9/21に大幅メンテ
<解説>
口座①は資金が一番潤沢な口座で、裁量取引もトラリピの取引LOT&数も多い、メイン口座。
有効証拠金が200万を超える場合は、他の口座に資金振替する事で常時レバレッジ888倍で運用。
口座②は資金が中規模でユーロドル貯金口座もかねている口座。
トラリピ&裁量取引も口座①に比べて抑えて運用。
口座③は資金が小規模の為、出来るだけ利確を増やして資金を増やす事を優先する口座。
運用してる通貨ペアもリスクが低いものばかり。
口座① ※メイン口座 
通貨ペア:USD/JPY(ロング) 米ドル円 9/17から稼働
取引LOT:5000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips幅、20pips利確
値幅:105~110
※110円以上は相場状況に合わせて追いかける予定
通貨ペア:AUD/USD(ショート) 豪ドル米ドル 9/17から稼働
取引LOT:3000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips幅、20pips利確
値幅:0.87~0.91
通貨ペア:EUR/USD(ショート) 9/15から稼働予定
取引LOT:5000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips幅、50pips利確
値幅:1.27~1.31
通貨ペア:EUR/GBP(ショート) ユーロポンド ※9/22から稼働
取引LOT:5000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips、20pips利確
値幅:0.77~0.807
通貨ペア:EUR/TRY(ショート) ユーロトルコ ※9/18 トラリピ再開
取引LOT:5000通貨
トラップ幅、利確幅:25pips、50pips利確
値幅:2.84~2.9
1万通貨で1日196円の驚異のスワップの通貨ペアです。個別記事がある為、ご興味あればご確認ください。
口座② 中規模運用口座&ユーロドル貯金口座
ユーロドル貯金口座の詳細は「ユーロドル貯金口座を作ってみませんか?」の記事をお読みください。
通貨ペア:USD/JPY(ロング) 米ドル円 9/17から稼働
取引LOT:5000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips幅、20pips利確
値幅:105~110
※110円以上は相場状況に合わせて追いかける予定
通貨ペア:EUR/USD(ショート) 9/15から稼働予定
取引LOT:5000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips幅、50pips利確
値幅:1.27~1.31
通貨ペア:EUR/TRY(ショート) ユーロトルコ ※9/18 トラリピ再開
取引LOT:4000通貨
トラップ幅、利確幅:25pips、50pips利確
値幅:2.84~2.9
口座③ ※少額運用口座
通貨ペア:USD/JPY(ロング) 米ドル円 9/15から稼働予定
取引LOT:3000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips幅、20pips利確
値幅:105~110
通貨ペア:EUR/USD(ショート) 9/15から稼働予定
取引LOT:3000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips幅、20pips利確
値幅:1.27~1.31
通貨ペア:EUR/GBP(ショート) ユーロポンド ※9/22から稼働
取引LOT:3000通貨
トラップ幅、利確幅:10pips、10pips利確
値幅:0.77~0.807
[宣伝]
「FX初心者~上級者までこれ一つでOK。GMOクリック証券のプラチナチャート!」という記事を書きました。
口座を開設されてない方はこの機会にどうぞ。

上記は私が1年近く購読している、FXプロ投資家の西原先生の有料メルマガ&掲示板(質問など)サービスです。
毎月4,200円とかなり高額ですが、その価値はあると思ってます。
西原先生の相場観やエントリー情報もありますが、ディナポリ・チャートによるテクニカル分析や、欧州在住のサポートメンバーからのいち早い欧州の情報や、経済指標以外の〇〇総裁(ECB、FRBなど)会見のコメントをリアルタイムでメール展開してくれたりなど、盛りだくさんです。
10日間の無料購読も出来ますが、たぶん10日じゃわからないと思いますので、とりあえず1,2か月取ってみて4200円払う価値があるか決めてください。
注意点は、西原先生のエントリー情報にこだわり過ぎない点です。
我々はプロ投資家と違っていつもチャートを見れるわけじゃないので、上手いタイミングで決済や損切りが出来るではないので、あくまで参考という形を取る事をお勧めします。
[今日のBO]
1週間ぐらいBOを休む予定です。
再開時は下記の本格的にBOをやりたい場合の記事の、オプションビットでアルゴビット(BO支援ツール)でやってみる予定。
[1ポイントアドバイス]
BOは強い勢いで動いている時にタイミングを見計らってエントリーすると大抵勝てます。
15分のハイローだときついですが、3分のハイローだとその勢いを維持する事が多い為、勝ちやすいです。
[本格的にバイナリーオプションをやりたい方]
ハイローオーストラリアは優良なBO業者ですが、「ハイロー」しかない為、本格的にBOをやりたい方は「こちら」で紹介していますので参考にしてください。
[雑記]
今週はかなり儲かったので、妹が子供を身ごもった事にもかこつけて両親、妹夫婦、私の5人で美味いと有名な名古屋の焼肉屋に行くことに。
私の驕り・・・いえ、奢りですw
[焼肉おしわら]
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23038562/
食べログのページを見る限り美味そうなので期待出来そうです。
と言う事で今日は昼飯も食べず、夜はたらふく食べる予定です。
お金も結構使う事になりそうですが、またこうやって気持ちよく身内に奢れるぐらい稼げるよう、来週からも頑張ろうと思います。
でも先週のようなボラリティはさすがに収まると思うので、気持ちを切り替えてやっていこうと思います。
それと下記記事はFX初心者の人程おすすめな記事なので、一度お読みください。頑張りました。
FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~
[週間トラリピ実績]
9月15日~19日のトラリピ実績は129,490円です。
トラリピより裁量取引メインだったので値動きのわりには少なめです。
週間トラリピ実績
[追記]
緊急ニュースでG20の結果を上げてます。(タイムラグがあるので上がってないならちょっとお待ちをw)
「そんなわけねー」と思うような円安ポジティブ発言を麻生さんと黒田日銀総裁がしてるので、明日は米ドル円やクロス円が上窓スタートかもしれません。
上窓にならなくてもたぶん上昇するでしょう。
[米ドル円のロング]
4時間足
米ドル円
今週もよく動きました。
でも日足で見るともっとすごいです。
まさに今年前半の超低ボラリティ相場分を爆発させてるような値動きですね。
日足
米ドル円2
米ドル円のトレード戦略は「FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~」の根拠あるトレードで説明しているので割愛します。
今週の米経済指標はそこそこ重要なものもありますが、相場を乱高下させそうなのは下記のFRBメンバーの講演です。
先週のFOMCで「相当期間は低金利政策を維持する」の文言は残ったものの、債権買い入れ額が予想より多かった事や来月で買い入れが終了する事、そしてFRB理事の金利見通しが上昇した(2017年末の中央値が3.75%)事で、米ドル円は上昇しました。
各メンバーが講演で金利見通しについてポジティブ、ネガティブな発言をすれば米ドルの値動きに動意が出る為注意が必要です。
勿論、米長期金利と米株の動向も自分がトレードしてる時は見れるようにしておくほうがよいでしょう。
とりあえず今の米ドル円の勢いが収まらなければ今週中に110円の大台に突入すると思います。
そこでいったん調整になるか、そのまま115円を目指すのか、米ドル円の相場は来週も目が離せませんね。
————-ドル円研究所から転載————————-
http://usdkenkyusyo.livedoor.biz/archives/7531481.html
米FRBメンバー講演予定(9/22~9/26)日付 日本時間 メンバー名
9/22(月) 23:05~ 米NY連銀ダドリー総裁
9/23(火) 08:30~ 米ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁
9/23(火) 22:00~ 米セントルイス連銀ブラード総裁
9/23(火) 22:20~ 米FRBパウエル理事
9/23(火) 22:30~ 米カンザスシティ連銀ジョージ総裁
9/23(火) 27:00~ 米ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁
9/24(水) 10:15~ 米カンザスシティ連銀ジョージ総裁
9/24(水) 25:05~ 米クリーブランド連銀メスター総裁
9/24(水) 26:00~ 米シカゴ連銀エバンス総裁
9/25(木) 26:20~ 米アトランタ連銀ロックハート総裁
——————————————————–
[ユーロドルのショート]
ユーロドル
FOMC前の9/16日はスコットランド独立投票での賛成派多数の報道でユーロポンドのユーロ買い、ポンド売るが急速に進んだ為、ユーロドルも1.3まで上がりそうになりました。(実際は1.295ぐらいで上値を抑えられた)
おそらく1.3にまとまった売りがあり、対ドルに対してそこまでユーロが買われる材料がないのもあり、そこからは1.295~1.255をいったりきたりでした。
しかし9/17のTLTRO入札が予想よりかなり少なかった事でユーロ売りが進む、更に同日のFOMCでドル買いユーロ売りが進み、ユーロドルは1.284まで下落。
その後はスコットランド独立投票で反対派が勝利する可能性が濃厚になり、そうなるとユーロにとっては反対派が勝利してくれた方が経済の安定性からも良い為、ユーロの買戻しが進み1.292あたりまで上昇。
スコットランド独立で正式に反対派が勝利してからは、ユーロドルが素直な値動きになりドル高に押される形でユーロが落ちていった。
・・・というように「私」思います。
エコノミストがそういう記事を書いてるわけじゃないですが、多分そういう事じゃないかと思います。
さて今週のユーロドルの見通しですが、やはり9/17のTLTRO入札が少なすぎた為、これによるフォローコメントがドラギECB総裁からあるかどうかで動意づくかもしれません。
今週は9/22の22時と、9/25の17時にドラギECB総裁の議会証言がある為、週明けからいきなり動意付くかもですね。
その他ユーロ指標は毎日1つぐらいはありますが、今のユーロ指標は予想より良くても少ししか動かず、悪ければそれを材料にして下がる傾向にあると思います。
勿論自然反発は定期的にあると思いますが、ユーロドルが1.28割れになるのは時間の問題であり、そうなれば更に下値が広がる可能性が高い為、ユーロドルが反発した場合は裁量ショートを持つ事をお勧めします。
既にユーロドルショートのポジションを持ってる人は・・・資金に余裕があるなら買い増してもいいかもしれません。
但し、ユーロドルが反発した理由が、米株や米長期金利が一気に崩れた事による米ドル安だった場合は、ユーロドルは100pipsぐらいは上昇する可能性がある為注意が必要です。
やはりユーロドルをやるにしても、米長期金利と米株の動向をウォッチするのは必須でしょう。
[豪ドル米ドルのショート]

9月3日に0.94付近だったAUD/USD(豪ドル米ドルというよりこっちの方が一般的なのでこう表記)ですが、直接的な原因はわかりませんが今まで豪ドル高が急速にまき戻る事となり、現在は0.893と約450pips落ちてます。
途中豪雇用統計が予想より大幅によくても豪ドルの買戻しは100pipsもされず、1時間後には全戻しされました。
FOMCで大きく下がった後は方向感なく上下していましたが、上値は0.895で0.9を回復出来ず、下がり基調。
特に材料はないものの米ドル高におされ9/19の夜から0.893まで落ちた形。
テクニカル的にも下落を示唆しているようなので、9/23の中国HSBC製造業PMI速報値が悪ければ、0.88台まで落ちるでしょう。
また、9/25にスティーブンスRBA総裁講演がある為、そこで今の豪ドルレートに対して「ネガティブ」な発言があれば更なる豪ドル安となると思います。
豪としては豪ドル高より豪ドル安の方が都合がいいでしょうし、これは下がっていくんじゃないでしょうか?
と言う事で、ショートはマイナススワップが大きいですが、下方向が明確なら利確が増えマイナススワップが気にならない為、当面はAUD/USDショートのトラリピを継続。
[ユーロポンドのショート]
ユーロポンド
・・・すいません、ちょっとアレです。
雑記にあるように焼肉食べに行かないといけないのですが、あまりに詳しく記事を書きすぎて時間がなくなってきました。
なのでここからは早回しで書きます。
ショートのトラリピを再開した理由は、スコットランド独立がなくなったからです。
ユーロドルのショートと同じぐらい、ユーロポンドのショートは安全です。
だからトラリピしたわけですね。
ユーロは超低金利政策で、今後もユーロ安にしようとあの手この手をしており経済も不調。
ポンドはスコットランド独立がなくなり、通貨の利上げ時期がいつになるかが注目されますし、今のところ経済は堅調。
まあ、スコットランドに色々と自治を認めないといけなくなった分、英国にとってはマイナスなので何かしら影響は出るでしょうけど、それがあったとしても大幅なユーロ買いポンド売りとなることはもうないでしょう。
なのでトラリピをした形です。
短期的にユーロの買戻しが進むなら裁量でショートもする予定。
リスクの少ない良い通貨ペアです。マイナススワップも1000通貨当たり1日2円とかなので全然少ないですしね。
[ユーロトルコのショート]
今日のユーロトルコ
FOMCで「相当の期間低金利維持」が残ったのと、ドル高トルコリラ安になっても、そこまでユーロトルコが上昇しなかった事からトラリピを再開。
但し、下がっても2.84より下はついていかない予定。
2.84~2.9ぐらいでうろうろしてくれる展開を希望ですね。
スワップは1000通貨当たり19.9円ぐらいと下がりましたが、それでも他の通貨ペアよりはいいですし、値動きも活発なので続ける感じです。
それはそうとイラクでトルコ領事館員が48人人質になってましたが、昨日あたりに解放されたようです。
これが原因で一時期大幅なトルコリラ安になりましたが、このニュースがポジティブに働くは微妙です。
せいぜいご祝儀?で100pips下がってまた上がるみたいな感じでしょう
[お願い事項]
このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

為替・FX ブログランキングへ
[儲け話・・・]
現在進行形で、実践しているところですが、金が入るのは1か月~2か月後ぐらいになりそうです。
儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう&回り回って私の利益も減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!
[XMでCFD取引&FX売買にCFDチャート(日経平均、NYダウ、ナスダックなど)を活用しよう]
XMではFXと同じ感覚でCFD取引が出来ます。
なので当然、MT4で簡単にチャートを出する事が可能です。
詳細は「この記事」をお読みください。
[ゼロカット式BO(偽)手法]
XMのゼロカットシステムを利用したトレード手法を考え、実践してみました。
詳細は[米雇用統計 vs ゼロカット式BO(偽)手法の結果発表]をお読みください。
[ドル建て口座について]
私が所属してる為替王秘伝チャートの実践会のオフ会が名古屋でありましたので参加してきました。
実践会主催の長瀬さんは相変わらず30代とは思えないぐらいしっかいしてる方で、話を聞くだけで勉強になります。
知識としてはネットで調べた事でも、それを経験として対面で話して貰えるとわかる事もありますね。
話の中で円建て口座だけでなく、リスク分散としてドル建て口座を持つのも選択肢としてはありでは?という話が出ました。
長い目で見れば円安ドル高基調とも言えますし、長期運用としてドル建て口座を持っておき、東京オリンピックとかで円安最高潮みたいになった時に出金出来たら最高ですが、そう上手くはいかないでしょうねw
長期運用が基本として、ドルのまま有効活用するとしたら「海外旅行」や「海外出張(夫や子供が出張/留学)」とか、大きく使えるなら儲かりそうです。
後はアメリカのamazonで買うとかでしょうか?(下記URL参照)
http://america-okaimono.com/amazon/faq-shipping-rates.php
円安ドル高になった時の儲けを期待してドル建て口座を作るのは、逆の流れになるリスクもある為、あまり考えてないのですが、リスク分散という意味でドル建て口座にするのもありかもしれません。
でも・・・チキンな私は悩み中です。
うちのブログ経由で口座開設した方で何人かドル建て口座でやってる人がいるので話を聞いてみて、追加口座をドル建てで作るか決めようと思います。
[海外FXの中でXMでトラリピをしている理由]
最近口座開設の申し込みされる方で、数ある海外のFX会社の中で何でXMを選んだんですか?
XMよりスプレットが狭い海外FXの会社もありますよね?
というような質問を受けました。
XMのメリットは「海外FX(XM)のメリットと口座開設方法について」で書いてますが、簡単に言えば、レバレッジ888倍、入金ボーナス、ゼロカットシステムがあるからです。
スプレットが狭いのも重要ですが、トラリピの場合長期運用が基本なので安定性を重要視しています。
たくさんの資金があるならペッパーストーンでも問題ないのかもしれませんが、XMは少額からでも口座を安定させることが出来る為、重宝します。
[トラリピEAについて]
MT4で疑似的なトラリピを再現するプログラムの事です。
私が紹介&設定サポートをしているトラリピEAはネットで無料公開されているものですが、M2Jのトラリピと違い、逆指値でトラリピを動かせる為、急落や急騰時に無駄にポジションを取りません。
XMのレバレッジ888倍&トラリピEAを使用する事で、少額で安全にトラリピを動かす事が出来ます。
[XMが安定している理由]
・5万入金で100%ボーナスで10万の資金を動かせる
・レバレッジ888倍なので証拠金をあまり気にしなくてよい(1万通貨で1250円)
・追加入金でもボーナス30%がつくので急落時も口座を維持しやすい
・戦争や第2のリーマンショックなどの影響で相場が暴落してもゼロカットシステムで追従ない
・約定率99.3%で、雇用統計などの大きな経済指標でも注文が滑る事がない
[MT4及びVPS(バーチャルプライベートサーバー)でのトラリピEAのセッティングについて]
まったくの初心者の方もいましたが、メールやチャットなどでサポートし、皆さんMT4でトラリピEAを稼働させています。
一度動かしてしまえば後は同じことの繰り返しですし、MT4も必要最低限の機能しか使わないなら、それほど覚える事はありません。
とうブログから口座開設&入金(5万以上推奨)して頂けましたら、トラリピEA稼働までサポートさせて頂きます。
[国内FXのトラリピについて]
いつまでも高い手数料とスプレッドのマネースクウェアジャパン(M2J)のトラリピを使う必要はないと思います。
M2Jのトラリピについては「M2Jトラリピの落とし穴」で詳しく解説してますのでお読みください。
レバレッジ888倍のXMなら少ない資金で始められますし、何より「ゼロカットシステム」があるので、相場の急落で口座がマイナスになっても追従を求められません。(国内FXはこのサービスなし)
詳細は「海外FX(XM)のメリットと口座開設方法について」で解説していますのでお読みください。
万が一明日リーマンショックのような大事が起きて、一気に20円下がってロスカットされる前に口座が-7万になったとしても、XMは0カットシステムがあるので、入金した額以上の請求がされる事はありません。
レバレッジが高い事を気にするなら、まずは5万円から試してみてください。
一度体感してみれば、少なくともマネースクウェアジャパンでトラリピを続けようとは思えなくなると思います。
興味がある方は下記リンクから口座開設をお願いします。
口座開設後、XMで使用可能な無料トラリピのうち、使いやすいEAを案内させて頂きます。
ご質問がありましたら気軽にメールフォームからどうぞ。

コメントを残す

サブコンテンツ

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

メリットデメリット画像
当ブログで紹介している海外FXブローカーであるXMのメリットとデメリットをまとめました。
詳細は「こちら」を参照ください。

トレンド診断&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供

トレンド診断

トレンド診断機能とガード機能を加えた高性能トラリピEAを当ブログ経由のXM口座開設で無料提供します!

詳細は「こちら」を参照ください。

原油ミニ専用トラリピEAを無料提供

原油アイキャッチ 原油ミニ専用のトラリピEAを当ブログ経由のXM口座開設&継続取引で無料提供します!
詳細は「こちら」を参照ください。

スワップならトルコリラ

http://kaigai-toraripi.com/wp-content/uploads/2015/02/2-e1424921813763.jpg スワップなら高金利のトルコリラを組合わせたEUR/TRYが魅力的です!
詳細は「こちら」を参照ください。

人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

FXブログの掘り出し物?

Twitter

このページの先頭へ