記事をアップする直前で米消費者物価指数の上振れで強烈なドル買いに。願望が当たりました・・・w

[トラリピ通貨ペア]

トレーリングストップ機能とガード機能がある高性能トラリピEAをMT4で使ってます。
利用しているブローカーは海外FXブローカーのXMで、法人口座でやってます。
トラリピEAについては当ブログ経由のXM口座開設で無料提供させて頂きます。
詳細は「トレーリングストップ付き高性能トラリピEAを無料提供」を参照。

[通貨ペアの最新状況] ※XMの法人口座で運用

<トラリピ戦略>
5/14夜から下記通貨ペアの運用を開始。
選択理由などは「こちらの記事」内で書いてます。

通貨ペア:ドル円
資金:50万
売買:ロング
取引LOT:2000通貨 ※スタンダード口座にしてしまったので、2500通貨が設定出来ず。。
値幅:115円~121円
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

日経平均が仕掛け値を超えたタイミングでEA停止し、ユーロドルに変更。
理由は5/19の記事参照。
品目:日経平均株式指数/先物 ※日経平均用のトラリピEA
資金:200万
売買:ロング
取引LOT:50LOT ※50LOTだと100円動くと5000円増減。
※FXと証拠金が異なる。100LOTで9000円必要。(レバレッジ約200倍)
値幅:18000円~20100円 ※5/19 いったん20100で様子見
トラップ幅:100
利益幅:100
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

通貨ペア:ユーロドル
資金:200万
売買:ロング
取引LOT:5000通貨 
値幅:1.103~1.16
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

[オススメ記事]

XMのメリット/デメリットや特色について

・当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典
・XMの口座開設マニュアル
・海外FX(XM)のメリットとデメリットについて
・国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり
・スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて
・XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法
・海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!
・最少スプレット0pips! XM ZERO口座
・XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

・トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
・原油先物のトラリピEAリリース ※XMはFX以外にCFD取引が可能
・M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い
・M2Jトラリピの落とし穴
・MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!


[宣伝]


上記は私が1年近く購読している、FXプロ投資家の西原先生の有料メルマガ&掲示板(質問など)サービスです。
毎月4,200円とかなり高額ですが、その価値はあると思ってます。
西原先生の相場観やエントリー情報もありますが、ディナポリ・チャートによるテクニカル分析や、欧州在住のサポートメンバーからのいち早い欧州の情報や、経済指標以外の〇〇総裁(ECB、FRBなど)会見のコメントをリアルタイムでメール展開してくれたりなど、盛りだくさんです。
10日間の無料購読も出来ますが、たぶん10日じゃわからないと思いますので、とりあえず1,2か月取ってみて4200円払う価値があるか決めてください。
注意点は、西原先生のエントリー情報にこだわり過ぎない点です。
我々はプロ投資家と違っていつもチャートを見れるわけじゃないので、上手いタイミングで決済や損切りが出来るではないので、あくまで参考という形を取る事をお勧めします。

[雑記]

今日は休みです。

[お願い事項]
このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[昨日のトレード実績]
5/21の実績は―30ドルと9978円です。

[本日の相場分析]

色々な通貨ペア

<ユーロドルについて>
昨日ユーロドルの値動きがどうもきな臭かったのでトラリピ設定のリスクを下げましたが、短期的なトラリピとして開始したわけなので、その時点で損切りしとけばよかったと少し後悔してます。
短期的に十分利益が上がっていたのを1.1までとあえて粘らなくても良かったので、今後は気を付けようと思います。
ユーロドルを中長期でトラリピするのであれば、今の値動きは全然問題ないのですが、本来日経平均用のトラリピをやる口座なのでほどほどのところで切り替える予定です。

ECBの5月6月のQE購入ベース増額のヘッドラインが出た時は「これは一気にユーロ売りに傾くか?」と期待したのですが、「夏場に流動性が低下するので、流動性が潤沢な 5~6 月に前倒しで QE を増額」というだけなので本来はユーロが大幅に売られるネタではないと思います。
でも大幅にユーロが売られユーロドルは急落、ドイツの長期金利も低下した為、流れが変わったかもと考えてしまった感じです。
このような値動きになった理由は、ECBのクーレ理事が18日の時点で一部の市場関係者に漏らしていた為、上記のヘッドラインが出ると同時にヘッジファンドが売り込んだからなようです。
まあ、ECBがユーロドルがQE開始前の1.15台に回帰するのを阻んだ&最近の欧州債券市場の状況に口先介入したという事もあるので、少なからずユーロは売られれたでしょうけど、本来はここまで大きく下落しなかったと思います。

なので今のユーロ売りの流れが「加速」するかどうか微妙なので、そうなると結局は米指標次第という事になるかと思います。
そうなるとユーロドルは、しばらくは1.09~1.15のレンジになる可能性もある気がします。
少なくとも今の材料でユーロドルが3月ような勢いのある下落トレンドを再開すると考えるより、可能性は高そうです。
ちなみに今日の深夜2時にイエレンさんが済見通しの講演をしますが、ハト派のイエレンさんがドル高になるようなポジティブな発言をするとは思えないので、あまり期待してないです。
利上げが遠のく → 米株が買われる → ドル買いというのはあるかもしれませんが、それは今までもある材料なので、ユーロドルの下落がスピードが上がるほどでもないと思います。
消費者物価指数の発表もあるので、もしかしたらこっちが予想より良くてドル買いにはなるかもですけどね。
確か前回はコアCPIだけ良くてドル買いになったので、今回もそうなって欲しいです。まあ、最近の米指標から考えると予想より悪い可能性の方が高いので、願望ですが・・・w
予想よりよくてユーロドルが下落した場合は、ユーロドルの短期トラリピを終了させる予定です。
※資金的にはユーロドルのトラリピを余裕で動かせますが、本来は日経平均用の口座なので戻したいだけです。

<21:35追記>
更新しようと思ったら米指標者物価指数がいいですねw

米指標者物価指数

予定通りほどほどのところでトラリピポジションを解消させる予定です。

<ドル円について>
西原先生はドル円が122.5円と見込んでるようですし、為替王秘伝チャートだと123円台のターゲットが出てるようです。
テクニカル的にはそれが正しいみたいですが、ドル円の過去の値動きや現在の材料で考えるとターゲットに辿りつくにはまだまだ時間がかかるのではないかと思います。
一応裁量ロングは120.8でしてますが、121.3ぐらいで決済する予定です。
でもIMM通貨先物円ショートが減ってるので大幅なショートカバー(円買い)も発生しづらい為、ドル円の下値が堅くいずれは上昇する可能性は高そうです。
トラリピで低リスクで堅実に稼ごうと考えると、やはりドル円一番という事になるので、愚直にドル円トラリピは続けようと思います。

<日経平均>
19日に2万円台に突入して今日で4日目ですが、今のところ堅調です。
トラリピを続けていたとしても100円幅だったので、たいして稼げてはないと思いますが、追加緩和期待とくじら関連の期待があるうちは底堅そうです。


[お願い事項]
このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[儲け話・・・]
現在進行形で、実践しているところですが、金が入るのは1か月~2か月後ぐらいになりそうです。
儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたら気軽にTOPの「お問い合わせ」から連絡をお願いします。