相場分析&戦略

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2018年6月13日

<

日経225オプション&日経平均の相場分析

オプション自動売買の相場分析&戦略記事です。

あわせて読みたい
日経225オプション自動売買の運用成績(3月SQ~5月SQ) ※2月SQで大損したが再始動はじめに https://kaigai-toraripi.com/fx-trade604 上記の投資案件でコツコツお金を稼いでい...

————————–

FOMC発表を控えて株、債券共に様子見の展開でevent drivenはない動き。

CPI前月比0.2%と大幅上昇だが市場予想と一致。

独ZEW景気期待指数が低水準。

ニューヨークダウ25320.73-1.58、ナスダック7703.79+43.86とハイテク株が上昇。

WTI66.36+0.26、金先物1299.4-3.8で引ける。

10年物債券利回り2.9645+0.0075、2年債利回り2.5449+0.0168と短期金利がFOMC利上げを織り込む動きで上昇。

ドル円110.40と米朝会談後で小動き。

CME日経225先物9月限円建は22800と小幅安。
大阪取引所日経225ミニ先物9月限は22850で寄付き22825タッチして上げ幅拡大。

ドル円110.50台に円安進行。

22915タッチして22900前後でのもみ合い。現物後場から22890前後でのもみ合いから22935タッチして22915前後でのもみ合い。

現物は22966.38+88.03と続伸。日経225ミニ先物9月限は22915+75で大引け。

日経平均VIは14.56-0.73と大幅に低下。

米利上げでドル円がじわじわと円安進行してきている。FOMC声明が明日に発表されて利上げとなることは織り込まれている。

歴史的な売り残が溜まっている10年債利回りが巻き戻されるのか注目される。

トランプ外交の限界が見える米朝会談との報道が欧米新聞で指摘されている。

トランプ経済;減税、インフラ投資、保護主義などは、経済を過熱化するとの日経新聞記事が特集されている。

11月中間選挙前に走り過ぎで息切れが聞こえてきそうであるがこのまま突っ走るのか。

最後までお読み頂きありがとうございました!

連絡等はこちらのお問い合わせをご利用ください。

このブログランキングに2つ参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

XM口座開設特典

特典画像1

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均でトラリピ可能。PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)
トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。