ドラギ総裁会見待ちで上がったり下がったりしてる相場ですね。本日は特にサプライズはないと思いますが・・・

[トラリピ通貨ペア]

トレーリングストップ機能とガード機能がある高性能トラリピEAをMT4で使ってます。
利用しているブローカーは海外FXブローカーのXMで、法人口座でやってます。
トラリピEAについては当ブログ経由のXM口座開設で無料提供させて頂きます。
詳細は「トレーリングストップ付き高性能トラリピEAを無料提供」を参照。

[通貨ペアの最新状況] ※XMの法人口座で運用

<トラリピ戦略> ※4/9時点で書いたものです

ドル売りもおさまってきたので今後のトラリピ戦略を再検討しました。
その際トラリピの売買データの情報共有の参加者の直近4カ月ぐらいのデータも見直しました。(最近は約10名ぐらい参加)
私より稼いでる人も結構いるのでそういう人のデータを主に参考にしました。
その結果、ショートカバーの影響は大きいものの、ユーロドルを売るのがリスクも少なく利益も多いという結論になりました。
この「リスクが少ない」というのは、通貨ペアの方向性が変わる「リスク」という意味です。
ボラリティ面でいえば、1.0475の安値から1.1038ぐらいまで上昇したユーロドルはリスクが高いです。
しかし、ユーロはPSPPやギリシャ関連でユーロ安が進む可能性は高いですし、米ドルの利上げも今年中に行われる可能性が高い事に変わりはないです。
相場に絶対はないので、その既定プランがなくなればユーロドルが1.13以上に上昇するかもしれませんが、他の通貨ペアに比べると「通貨ペアの方向性が変わるリスク」は低いです。

つまり口座に余裕を持たせた資金を入れたうえで、適切なトラリピ設定で運用すればロスカットされる可能性は低いわけです。
裁量取引をやりすぎて口座資金を減らしたり、大きな含み損を抱えすぎすると破綻するので、一番重要なのはリスク管理です。
私は裁量取引で失敗する事が多いので、今後は資金が一番多い口座1でのみ裁量取引をやる事にしました。
それ以外の口座は基本トラリピのみとします。
口座2でやっているUSD/CADについては2015年度中に原油価格が上昇してくる可能性もあるので、1.275あたりまで上昇したらトラリピを終了し、USD/JPYを1万通貨にするかもしれません。

デモ口座の日経平均トラリピですが、ファンダメンタルズ的に日経平均が大きく崩れないのではないかと考え専用のトラリピEAを作成しました。
しかし、さすがにXMにお金を入れすぎたのでしばらくはデモ口座でやろうと思います。
日々の日経平均トラリピでの利益を公開していこうと思います。

<運用ルール>
・裁量取引は口座1のみで実施。他の口座はトラリピのみとする。
・値幅、利益幅、ガード値は相場状況に合わせて変更。
・予備資金として1万ドル相当額あり。
・xmは含み損を差し引いて口座残高が2万ドルを超えるとレバレッジを888倍から200倍に制限される為、2万ドルを超える前に出金していく。
・上記に加えて口座合算で10万ドルを超えるとレバレッジを100倍に制限されるらしいので、資金を入れすぎないように注意する。
・出金した資金は一時的な含み損に耐えれるよう再入金出来るよう手を付けずに取っておく。
※再入金が必要にならないぐらいの資金で運用してるが、万が一の為にある程度とっておく。
・各口座で含み損が厳しくなった場合は余裕がある口座から「資金振替」して対応。(XMはリアルタイムで資金移動可能)

<毎月の予想利益>
含み損抜きですが最低でも月60万。多くて100万超えを見込んでます。

<各口座の情報> ※ここのトラリピ設定は定期的に変わります

口座1 ※裁量&トラリピ
口座タイプ:米ドル建て口座
口座資金:15000ドル&ボーナス2700ドル

通貨ペア:EUR/USD
売買:ショート
取引LOT:1万通貨
値幅:1.045~1.12
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

口座2 ※トラリピのみ
口座タイプ:米ドル建て口座
口座資金:12800ドル&ボーナス2300ドル

通貨ペア:USD/CAD
売買:ロング
取引LOT:5000通貨
値幅:1.23~1.28
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

通貨ペア:USD/JPY
売買:ロング
取引LOT:5000通貨
値幅:118~121.5
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

口座3 ※トラリピのみ
口座タイプ:米ドル建て口座
口座資金:11500ドル

通貨ペア:USD/CHF ※スイスフランクロス通貨ペアはレバレッジ222倍制限
売買:ロング
取引LOT:2000通貨
値幅:0.95~1.0
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

通貨ペア:EUR/USD
売買:ショート
取引LOT:8000通貨
値幅:1.045~1.12
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:10
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

口座4 ※デモ口座
口座タイプ:円建て口座
口座資金:100万円

品目:日経平均先物 ※日経平均用のトラリピEA
売買:ロング
取引LOT:100LOT ※100LOTだと1円動くと100円増減。
値幅:18900円~20000円
トラップ幅:50
利益幅:50
ガード:15
トレールストップ発動値:0
レート上昇/下降に伴うSL切り上げ比率:1

[オススメ記事]

XMのメリット/デメリットや特色について

・当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典
・XMの口座開設マニュアル
・海外FX(XM)のメリットと口座開設方法
・国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり
・スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて
・XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法
・海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!
・最少スプレット0pips! XM ZERO口座
・XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

・トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
・原油先物のトラリピEAリリース ※XMはFX以外にCFD取引が可能
・M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い
・M2Jトラリピの落とし穴
・MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!


[宣伝]


上記は私が1年近く購読している、FXプロ投資家の西原先生の有料メルマガ&掲示板(質問など)サービスです。
毎月4,200円とかなり高額ですが、その価値はあると思ってます。
西原先生の相場観やエントリー情報もありますが、ディナポリ・チャートによるテクニカル分析や、欧州在住のサポートメンバーからのいち早い欧州の情報や、経済指標以外の〇〇総裁(ECB、FRBなど)会見のコメントをリアルタイムでメール展開してくれたりなど、盛りだくさんです。
10日間の無料購読も出来ますが、たぶん10日じゃわからないと思いますので、とりあえず1,2か月取ってみて4200円払う価値があるか決めてください。
注意点は、西原先生のエントリー情報にこだわり過ぎない点です。
我々はプロ投資家と違っていつもチャートを見れるわけじゃないので、上手いタイミングで決済や損切りが出来るではないので、あくまで参考という形を取る事をお勧めします。

[雑記]

遅くなりましたが先週土曜日に名古屋のキャッシュフローゲーム会に参加してきました。
先月参加したトヨタのゲーム会は参加者10数名でしたが、名古屋のゲームは定員50名に対して80名も参加申請があるほど盛況でした。
名古屋の方は経済雑誌に取り上げられるぐらい有名なのもあり、最近の日経平均躍進もあり参加者が毎月増えてらしいです。

ゲーム会

上記はゲーム開始前の状態です。半分しか移ってませんが、こんな感じでゲームプレイします。
最初に全員軽く自己紹介をするので、そこで投資(株/FX/先物など)をしているか、それともまったくの初心者なのかがだいたいわかります。
私は金持ち父さん、貧乏父さんでキャッシュフローゲームに興味を持ちましたが、参加者全員が読者なわけではなく、友人の紹介や、他の株などのセミナーで紹介されてきたとか色々でした。
どういうゲームなのかまったく知らずにきてる人も結構いたみたいですね。

さて、話はキャッシュフローゲームに移りますが、ゲームをやるのは友達とやったのが2回、先月のトヨタゲーム会で1回なので、今回は有利に進めるだろうと考えていました。
それはある意味そうだったんですが、序盤は好調なもののその後は運に恵まれずラットレースを抜ける事が出来ませんでした。
3回目の時点で思いましたが、ゲームのルールやコツが分かった後はほとんど運ゲーになってしまうなぁと思いました。
なので運がよければ大逆転も可能なゲームなので、中盤まで負けててもチャンスがあれば首位に立てるような感じです。
ゲームは一度に6人までやれますが、今回は参加者が多かったので後ろの方にはゲームをやらずに雑談してる人達が多くいたので、次回はそっちに混ざるのもいいかなと思いました。
ゲーム中は投資の話をあんまり出来ませんしね。

ゲームが終わり、夕方からは株のセミナーがありました。
ゲーム会主催者のアイルさんや、講師として招いている株の億トレーダーの人や優待株で儲けてる有名トレーダーが、最近のおすすめ株を紹介したり、今後の見通しを話したりしてました。

ご存知の通り私の専門はFXで最近は軽く先物(日経平均や原油)に手を出してるぐらいで、株の取引経験はありません。
でも投資にかけるお金をFXや先物だけに「限定」する必要はないと思い、株も「やれそうならやってみたい」という思いはあり、セミナーに参加した形です。
講師の方の話を聞いて思ったのはFXとは投資する上で調べるアプローチが違うと思ったことです。
基本的に講師の人が長期トレーダーだったのもありますが、石の上にも3年な気持ちで株を買っておられるようで、下がってもあまり気にしない姿勢といいますか。
たぶん気にしてはいると思うんですがFXとは売買に望む姿勢が違うんですよね。
投資と投機の違いという形でしょうか。

また、私からすると日経平均の上昇には海外勢の日本株買いが欠かせないし、海外勢が売りを仕掛けてくると株価が急落するので、海外勢の動向は無視できない感じですが、講師の方々はほとんど意識してなかったです。
途中講師の人に質問した感じではヘッジファンドの決算時期などは多少気にしてるようでしたが、銘柄自体の情報や優待を出すか、出さないかなどに重きをおいて分析しておられました。
FXブログ運営の為の為替・先物の情報収集、トラリピEAの開発・修正対応、XMユーザーのサポートで結構時間が取られてるので、今までと違うアプローチが必要になる株式取引は難しいと感じました。
当面は日経平均や原油の先物取引などをやるぐらいにしておこうと思います。

株の億トレーダー講師の人の話で感銘を受けた言葉があります。
講師の人が経済雑誌の記者に「最近儲かってますか?」と聞かれた際のやり取りで・・・

講師:「いや、儲かったとはいえない」
記者:「あなたが購入している銘柄はどれも急上昇してますし、そのうちいくつかは既に売却済みで利益が出てますよね?」
講師:「そうだね」
記者:「・・・それなら儲けているのでは? ご謙遜しすぎですよ」
講師:「ずっと上昇相場が続いているからそれにのっかっているだけだよ。本当に儲かったかわかるのは、マーケットが暴落した後さ」

この話を聞いたとき思わず「そうだよなぁ」と口に出してしまいました。
FXをある程度経験してる人なら最後の言葉の意味がわかるのではないでしょうか?
具体的に例を出すとしたら、先週から続いているユーロドルの急落相場で儲けたとしても調子にのっちゃいけませんね。
この言葉を忘れずに今後もトラリピ運用&裁量取引をしていこうと思います。

[ブログ村のランキングについて]
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

ランキング

また4位に転落してしまいました。
1位2位は圧倒的にポイントが入り、3位はトラップトレード派の割合が20%しかついてないサイトなのに、うちのブログは負けてますw
1位~3位とも同じことの繰り返しの記事がほとんどですが、ブログ村の運営の目を逃れる手段で毎日大量にポイントが入ってるサイトです。
それでも何とか3位のポイント割り振りが20%なので、何とか今まで3位になれてたんですが、ついに抜かれてしまいました。
えー、つまり面倒かもしれませんが、ブログを見られて少しは参考になった or 内容がないブログに負けてかわいそうなぽぽを助けてやろうという人は、下記バナーをクリック願います。


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[昨日の実績]
4/14の実績は-8ドルです。
裁量取引が足を引っ張ってます。
何をしてるんだ私は・・・。

[本日の相場分析]

18:40時点の為替チャート
色々な通貨ペア

昨夜から米経済主導のドル買いになる材料は出てませんが、ユーロや豪ドル主導でのドル買いが進んでます。
昨日の米小売売上高は予想より悪かったですが、あそこまでドル売りされるほどじゃなかったと思うので短期筋が売った分が少しは調整されてるのかもしれませんね。
ユーロドルに関していえば、昨日の小売売上高発表前の水準にほぼ戻ってます。

ユーロが売られてる理由は短期的な理由はギリシャのデフォルトやGrexit観測が高まっている事ですが、国債購入を含めたQEが順調に進んでおりユーロ圏の金利が下がってるので、政策金利差でユーロ売り、ドル買いが進むのは当然の帰結という形。
米指標が悪い場合は素直にドル売りになりますが、ユーロドルの上値は限定的と考えて良さそうです。
しかし、ユーロドルのショートカバーがかなり貯まってるので、いったん利益確定しそうなきっかけがあれば跳ね上がります。
さしあたって今日のECBは材料視されるかもしれませんね。
普通に考えると今日のECBはドラギ総裁がQE効果でユーロ圏のインフレ率が徐々に改善している事をアピールするでしょうし、今後の経済見通しをポジティブに修正する可能性も高いです。
それらはユーロの買戻し材料になりそうですが、ギリシャ情勢に関してどのような見解を出すかでユーロが上下に振れる事になります。

経済指標

上記のように米経済指標もドラギ総裁会見中にいくつか発表されますし、落ち着きがない値動きになるかもしれません。
まあ、今回はユーロ売りなる強めのメッセージはないと思うので、いったんユーロドルが上昇する流れになるのではないかと考えてます。
昨日1.07まで戻った際戻り売り出来なかったので、今日1.07台まで戻るならショートを仕込んでいこうと思います。
それと今日のECBに関しては、松崎先生がコラムを書いてますのでそちらで予習しておいた方がいいでしょう。

ドル円に関してはユーロドルでのドル買いが進んでも現状上昇してないので、円高圧力が大きくなってますね。
正直この通貨ペアは過度に心配しても疲れるだけなので、私はトラリピで稼ぐ事にします。
118円前半までしか落ちないと思いますが、そこを下回ってもトラリピ資金的には全然余裕なので問題ないです。
まあ119円付近まできたら裁量ポジを仕込む予定ですが、ドル円にこだわる必要はないかと思ってます。
私的には日経平均先物でロングを仕込みタイミングを下がってるんですが、なかなか19800円を下回らないんですよね・・・。
あきらめて19830ぐらいで少額仕込むか検討中ですが、米決算が終わってから安全なのもあり様子見中です。

それと最近原油先物が上昇してますが、本日23時30分からの米原油在庫が前回と同じように予想より大幅に良い場合は、また1円~2円ぐらい原油価格が急落すると思います。
最近は素直に落ちてくれるので下がったらショートがひっかかるように逆指値を入れておくかもしれません。
原油価格は2015年度後半頃から減産などで価格が上昇するのでは? という観測が出てはいますが、下記のような報道も出てるので不安定ですね。
私的にはカナダドルのトラリピをしてるのもあって、原油価格は下がっててほしいんですが・・・w

原油市場のひっ迫遠のく可能性、OPECの生産急増=IEA ※ロイター

<オマケ>
・FXCMジャパン証券のツイッターが経済ニュースが出るのが早いぽいのでウォッチしておくと役に立ちそうです。
・明日はG20前に行われるG7財務相/中銀総裁 非公式会議(議題不明)とG20(4/16-4/17)がありますので、思わぬヘッドラインでマーケットが動意付く可能性もあるのでご注意ください。


[お願い事項]
このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[儲け話・・・]
現在進行形で、実践しているところですが、金が入るのは1か月~2か月後ぐらいになりそうです。
儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたら気軽にTOPの「お問い合わせ」から連絡をお願いします。