相場分析&戦略

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2018年9月2日(変更あり)

日経225オプション&日経平均の相場分析

オプション自動売買の相場分析&戦略記事です。

あわせて読みたい
【新運用で募集再開】運用資金は200万以上推奨! 日経225オプションの自動売買のご紹介運用資金は200万以上推奨! 日経225オプションの自動売買のご紹介 2月SQで大損しましたが、ロジック変更で3月SQ~7月SQの4か...
あわせて読みたい
日経225オプション自動売買の運用成績(8月SQ)  ※約170万の利益日経225オプション自動売買の運用成績(8月SQ) 8月SQは1.66%~6.47%のパフォーマンスでした! <運用実績> ...

週末の動き

時価増額1兆㌦目指して、アマゾン上昇。

一足先に1兆㌦突破したアップル上昇してNASDAQ8109.537+21.174と上昇。

NAFTA;米カナダ合意持ち越しとなり、DOW現物25964.82-22.10と下落する。

WTI69.90̠−0.35と下落。

金先物1197.7-6.5と1200ドル割れ。

10年債利回り2.8604%+0.0004、2年債利回り2.6290%-0.0240と短期債が大幅に買われる。

ドル円111.08と小動き。

CME日経225先物9月限円建は22840と小幅下落する。

今週はこの前後での寄り付きが予想される。

environment

NASDAQ,S&P500が最高値圏にあり、米株式の過熱感を指摘する米投資家も多い。

また、日経225は8月29日木曜日に寄付きに23000乗せとなるが、23000を維持することができなかった。

政治event;11月米中間選挙と9月20日自民党総裁選挙があり、自民党総裁選挙は安部首相圧勝で織込まれている。

11月米中間選挙は共和党苦戦が予想されてトランプ大統領の対中貿易戦争が激化する懸念がある。

予想一株益1726円と過去最高となって、PER(12,13,14)=(20712,22438,4164)レンジとなっている。

日経225はアベノミクス平均PER=15倍となっていると割安さが出ているがPER13倍でのもみ合いとなっている。

今週は22500-23000でのレンジの動きとの予想があり、また、対中制裁関税発動が予想されて一時的に22500割れを試す展開か。

日経新聞;貿易交渉進展、自民党総裁選後、企業業績の改善が23000突破の要素との分析をしている。

自民党総裁選9月20日が、23000突破日となるのか。

Discussion

NASDAQに資金が集中して日経225は蚊帳の外に置かれている。

IT PlatformerなどのPER100倍と割高な成長株がますます上昇して、アップルが時価総額1兆㌦超え、アマゾンも1項㌦に迫る状況である。

割安株は放置され、売られ、成長株といわれる株式が上昇している。

米10年債利回りは2.8%台でのもみ合いと低位推移しており、インフレなき低金利のGoldilocks相場が起きている。

これはジャクソンホールでのパウエルFRB議長講演で利上げ回数の抑制でGoldilocks 相場が加速している。

このように、PERが安く割安だから買われる、米国債増発しているから国債利回りが上昇する、

バフェト指数;株式時価総額/GDP=1を超えると割高だから警戒する、日米金利差が縮小するから円高、などの今までの常識がことごとく覆されている未知の領域の環境である。

この未知の領域の環境は過去にドッドコムバブルを生み崩壊した経験があり、その環境に近づいているとの米投資家は警戒している。

9月15日リーマンショック208年9月15日の10周年であり、日経ではこの特集を組んでいる。

また、大きなショックの環境に現状が近づいているとのコメントもしている。

投資家は過去にないレバレッジを大きくして債務を膨らませており、何らかのショックがあるのではないか、そのタイミングはいつなのか。

今年に限ると政治event;米中間選挙後の米10年債利回り3%突破が膨張した債務を直撃しそうだ。

Strategy

23000突破での踏み上げ巻き戻しで限界23500までを見る時期が自民党総裁選後、そして11月中間選挙後に米10年債利回り3.0%突破でIT Platformer バブル崩壊が来年1月―2月までが濃厚なのか。

GAFA;失敗を恐れずリスクを取り、今までにない大きさで成長する企業;IT Platformer は、10年債利回り3%超えくらいで崩壊するとは思えず当分NASDAQ の上昇が続きそうだ。

しかし、ソフトバンクには懐疑的であるとの投資家コメントがある。

今週は、リーマンショック10周年を前に投資家のより慎重な行動となり、売りが溜まって巻き戻される動きとなるのか見極めていきたい。

最後までお読み頂きありがとうございました!

連絡等はこちらのお問い合わせをご利用ください。

このブログランキングに2つ参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

XM口座開設特典

特典画像1

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均でトラリピ可能。PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)
トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。