記事にしてみたいという欲求に従って書きました。お役にたてれば嬉しいです。

<はじめに>

—————————————–
2017/12/1追記

本日国税庁から、個人課税課情報「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」(2017/12/1、PDF)という見解が出されました。

そちらのリンクを張っておきますので、税金についてはこちらをご確認ください。
仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)

本記事は仮想通貨の脱税話以外にも、仮想通貨市場の「イナゴ投資家の手口」も書いているので、ご存じない方は目を通しておくことをおすすめします。

記事を書いたのは2017/5ですが、現在の仮想通貨市場でもそれは顕著です。

特にやたらとICOトークンを宣伝しているブロガー(フォロワー数が多いとこは特に)は、ICOを企画する側から「うちのICOを宣伝してくれ。報酬は集まったトークンの何%を渡す」という契約を受けています。

彼らは無リスクでそのICOトークンを手に入れますし、日々のブログのアフィリエイト収入で円換算で毎月数十万~数百万のBTCやトークンを得ています。

ツイートで適当に繰り出したチャートを出して「ICO価格の〇倍!」「FXで0.1BTCを1BTCまで増やした!」と調子のよいことをいい、たまに失敗談をのせて同情を誘うのがよくあるパターンですが、彼らは多少損しようがまったく痛くないのです(笑)

また、ICOトークンは価格が〇倍になったとしても、大量に売ればすぐに下落するはかないもので、時価換算した価格は幻です。

投資は自己責任ではありますが、仮想通貨市場は「特にモラルがない」ので、とにかく他人のツイート情報を簡単に信じないことです。(裏付けをとりましょう)

ポジショントーク的なツイートを見たら、「こいつはなんでこんな発言をしているんだ?」というのを考える癖をつけてくださいね。

そこが第一歩です。

—————————————–

最近仮想通貨、暗号通貨への興味があって、色々調べてます。(以下、暗号通貨に統一)

今回は税金についての記事ですが、暗号通貨の税金に関して、脱税、課税回避が簡単に出来るという「個人の」「希望的、願望的な見解」が多かったので、「世の中そんなに甘くないよ」という記事を書くことにしました。

結論から言うと「税務署側が暗号通貨の売買を追跡しづらくなっただけ」で、脱税や課税回避をするのはかなり難しいです。

脱税や課税回避が難しい理由は後述しますが、その前に前書きとしていくつか書かせてください。
(興味ない人は飛ばして税金のとこを読んでください)

暗号通貨や仮想通貨で簡単に課税逃れできると「本気で」信じてる人は、投資、投機を始めてまもない人や、メディアなどでビットコインなどの広告を見て始めた人ばかりだろうとは思ってます。

しかし、有名なFX億トレの人が暗号通貨市場に参入して、殿様イナゴになってるのもあり、「脱税や課税回避できると信じてしまう人が増えるかも」とも考えてます。

<イナゴ投資家とは>

殿様イナゴとは下記画像のイナゴ投資家ピラミッドを見るとイメージ出来ると思います。

参考記事は「【日経マネー】 イナゴ投資法とは!?」です。

最近だとマーケットの時事ネタを風刺画にしてツイートしておられる、ふくたろうさんのツイートにもありました(笑)

株式市場の個別株(単元が安いのとか)などにイナゴ投資家は多いらしいのですが、暗号通貨市場でもイナゴ投資家が増えている・・・というより、イナゴばかりというのが適当な気がします。

<イナゴ投資家が増えそうな理由>

暗号通貨市場は株式市場で言えば、弱小個別株みたいなものなので、殿様イナゴが煽ればイナゴが群がってあっというまに急騰する可能性があるからです。

煽り文句は色々あるでしょう。本当ではないけど、嘘もついてないケースも多いと思います。

なにせ未成熟な市場ですし、法整備も進んでないので、影響力がある人が、

①「この暗号通貨は上がるぞ! 理由は○○だからだ!(○○はたいてい過大評価)」

②「暗号通貨で利益が出ても、日本円に換えなければ税金はかからない! ビットコインに変換すれば大丈夫だ!」

③「増やしたビットコインは、ビットコイン決済が出来て日銀ネットを通さないデビットカードで使えばいい!」

とか言ったりすると、その後数日~数週間後に急騰しちゃったりする小さな市場だからです。

だから利に聡い億トレの人、影響力があるブロガー&アフィリエイターが、自分が上昇して欲しいと考えている暗号通貨の買い煽りをすると簡単に大きく儲ける事が出来ます。(当然先に大量に買っておきます)

資金力がある人達が徒党を組んで、特定の暗号通貨を仕込み、宣伝してたりもするかもしれません。

そして暗号通貨市場は小さいので、自分が宣伝した暗号通貨がすぐに買われなかったとしても、新規参加者が増えればそれだけ暗号通貨市場に流入するマネーが増えるわけで、デメリットはほとんどないんですよね。

参考例としては、リップルとXEMなどをチャートを貼っておきます。

リップル4時間足

XEM4時間足

こういう市場なので、キングオブ殿様イナゴとして有名なウルフ村田さんが暗号通貨市場にイナゴを引き連れて参加してきたら、暗号通貨市場は更に急騰、急落する事になりそうです(笑)

<殿様イナゴがいなくても暗号通貨市場は拡大しそう>

勘違いして欲しくないですが、別に私は「殿様イナゴを否定」しません。
そんな事を言えるほど清廉潔白な人間ではないです。

それに殿様イナゴがいなくても、ビットコインのメディア等への露出は増えてますし、ビットコイン決済が出来るところが増えてきました。

それが続くと下記のような流れがおきると妄想してます。(今も多かれ少なかれ起きてるかも?)

—————————————————-
例1

①一般ピープル&他の市場のトレーダーが試しに「ビットコインを買う」

→ビットコイン価格が値上がりする。

②ビットコイン価格が値上がりしたので、ベテラン?の暗号通貨とレーダーは、ビットコインを他の値上がりが見込めそうな暗号通貨に交換する。(海外の取引所ならやれる)

→ビットコイン価格が値下がりする。

③値下がりしたので、ビットコインを安く買いたかった人がビットコインを買う。

→ビットコイン価格が上昇する。

例2

①値上がりが期待出来そうな暗号通貨が登場する。もしくは既存暗号通貨が大きく脚光を浴びる

②ビットコインを持っている大口トレーダーが、ビットコインを売って、その暗号通貨を買う。

→ビットコイン価格が大きく値下がりする。
——————————————————

その他、国内外で取引所が増えたり、今までビットコインを締め出していた国がビットコインを認めたり、ビットコインを規制している中国が市場を開放したり(そうすると溜め込まれたビットコイン売られそうですが)で、これからも市場が拡大しそうではあります。

ビットコインより優れた暗号通貨にとって変わられてしまったり、何らかの政治要因、物的要因で価格が暴落する可能性もあるので、ギャンブル性は大きいですけどね(笑)

<暗号通貨、仮想通貨で脱税出来る!? 世の中そんなに甘くないです>

やっと本題に入れます(笑)

では暗号通貨で脱税、課税回避が難しい理由を解説していこうと思います。

まず、ネットで溢れている下記見解。

「暗号通貨で利益が出ても、日本円に換えなければ税金はかからない! ビットコインに変換すれば大丈夫だ!」

「増やしたビットコインは、ビットコイン決済が出来て日銀ネットを通さないデビットカードで使えばいい!」


そんな事は現時点で税法上定義されてません。

ビットコインの法的一時付けは下記サイトで詳しく書かれてるので、そちらを読めばわかります。

ビットコインと所得税(2016年分) ※ビットコイン日本語情報サイト

いくつか抜粋して説明しようと思ってたんですが、重要な項目が多くて抜粋するときりがないので読んでもらった方が早いので、記事を読み終わった後に読んでください。

ここからは暗号通貨、仮想通貨の税金の扱いについては、お世話になってる税理士の見解を書いてます。

税法上現時点で定義されてないので、税理士さんの見解も絶対的なものではありません。

しかし、既存の税法の解釈なら、「所持している暗号通貨を日本円に換えず、他の暗号通貨に換えれば課税されない」という事はありえないそうです。

上記サイトに書かれている説明が税理士さんの見解と同じだったので、下記に一部抜粋します。

仮想通貨とのトレードによって得た利益

例えば、ビットコイン以外の仮想通貨(=アルトコイン)とのトレードによりビットコインを増やした場合、その利益分が譲渡所得または雑所得(事業所得)になると考えられます。

原則論ではビットコイン建ての資産が増えた時点で課税されるものと思われます。日本円に換金した時点での申告でもよいか等実際の課税・申告のタイミングは税務署などにご相談ください。

商品・サービスを仮想通貨払いで購入して得た利益

これは物々交換というかたちになります。支払時の仮想通貨の評価額が、仮想通貨入手時の時価を上回っている場合、その分の含み益が譲渡所得または雑所得になると考えられます。

商品を購入するたびにいちいち算入しなければならないのは非常に煩雑で現実的ではないかもしれませんが、原則論でいえば上記のキャピタルゲインと合わせて計算すべきでしょう。

現時点で暗号通貨の取り扱いに確固とした法律の定義はありませんが、だからといって安易に税金がかからないと考えるのは危険だし、自分の願望を入れすぎだと思います。

日本政府や税務署の立場で考えてみてください。

こんな税金を取れそうな暗号通貨に税金をかけない。税金のかけ方を緩くする。
そんな事をすると思いますか?

日本円でビットコインを1億購入し、それを他の暗号通貨で10億に増やす、その後ビットコインに戻して、ビットコインのまま色々買い物して楽しく暮らす。そして税金を払わない。

そんな事を政府や税務署が許すと思いますか?

残念ながら許すわけないですね。世の中そんなに甘くないです。

将来的に税法で暗号通貨の取り扱いが定義された場合は税金がかかるようにされるでしょうし、現時点のはっきりしていない状態で税務署が税務調査でターゲットにした場合、「課税しろ」と言われる可能性のほうが高いでしょう。

税務署員はノルマもありますし、暗号通貨の課税は見せしめ効果もあるので、課税を求める可能性のほうが高いと考えるのが適当だと思います。

暗号通貨を推す人達は「匿名性が高いから、資金の流れを特定するのが困難」と言いますし、それは事実です。

でも「現在は」日本の暗号通貨の取引所で暗号通貨の売買は履歴が残りますし、暗号通貨を送金した場合は送金履歴が残ります。

税務署が取引所の取引履歴を見ても、「どこに送金したか」はわからなくても、「誰が送金したか」はわかります。

日本の取引所が5つあったとして、5つ合計で例えば500万~1億送金してる個人を特定して、たくさん税金取れそうな個人に税務調査をかけます。

———————————————
税務署員:「○○さん、1億円相当のビットコインを4年前にどこかに送ってますね。どこに送ったんですか?」

Aさん:「どこでもいいでしょ!」 →アウト。4年前から価格が10倍になっていた場合、その想定で税金がかけられ、更に重加算税の可能性もあり。(税金逃れとして)

Bさん:「○○さんに送金しました!」 →○○さんの連絡を教えてと税務署に聞かれ裏づけを取られる。嘘なら重加算税を取られる可能性あり。

Cさん「自分のウォレットに送りました・・・」 → 税務署員にウォレットの中身を見られて色々根掘り葉掘り聞かれて、結局税金取られる。

———————————————

色々動かして税金のかけ方が難しくなってたとしても、税金がかからないのはありえないです。

この際にウォレット番号がばれるので、デビットカードなどでビットコインウォレット経由で支払った履歴も特定される可能もあります。

まあ、日銀ネットを通らないビットコイン決済のデビットカードなら、現時点で足は着かないかもしれませんが、税金を払わなくて良いという法律になるとは思えないので、やってる事は脱税ですね。

合法的に税金がかからない行為と、脱税と知りながら課税逃れする事は違いますし、その点は気をつけたほうがいいと思います。

ちなみに日本の取引所から送金したウォレットが、海外の取引所のウォレットであるなら、そこの売買履歴も当然全部見られます。

税務署員はウォレットのパスワードを教えろは言いませんが、税務署員立会いの元、送金元のウォレットへのアクセスを求めるでしょうし、逃げられないと思います。

<結論>

・脱税や課税逃れはしない方がいいよ

・でも数百万、数千万をウォレットで送金してなければターゲットにされないかもね

・ターゲットにされなくても、脱税に変わりはないよ

記事が長くなってきてだれてきたので、少しはしょって結論に進みました(笑)

・頻繁に売買してたら「譲渡所得」と認められず、50万控除なくなる可能性高いよ。
※暗号通貨でFXしたら99%認められないと思った方がいい

・この記事は私の「書いてみたいという欲求」で書いただけで、誰かと議論したいわけでも、助けになりたいわけでもないです。

と言うことで、記事に関するメールは基本的にスルーさせてもらいます。

正直勢いで書いたので、後で記事自体を消すかもしれません。

<暗号通貨を取引している税理士さんの見解>

5/18にビットコイン⇔アルトコイン変換による課税逃れが可能かの見解をアップされました。
結論から言うと、この記事で書いたように無理だそうです。

ビットコインの所得課税がヤバい【BTC(仮想通貨)】

<自分はどうするか>

いくつか暗号通貨を試しましたが、ビットコインをレバ1倍で少し買うだけにしました。

殿様イナゴの後ろについていく群れイナゴになる事も考えましたが、ボラティリティの熱に煽られて最終的に損して終わりそうなのでやめました(笑)

専業などで時間がある人や、機を読むのに長けた人でない限り、佃煮イナゴになるのが落ちなので、ビットコイン買うぐらいにした方がいいと思います。

まあ、私は海外FX(XM)日経225オプションの自動売買とブログ運営&アフィリエイトで手一杯なのもあります。

暗号通貨市場は確かに大きくなる可能性はあるけど、誰でも儲かると思ったら痛い目にあうことだけは、最後にもう一度書いておきます。(投資、投機全般がそうだけど)

と言いつつも興味ある人はいると思うので、現時点で日本の取引所で、一番出来高がある取引所(コインチェック)の口座開設リンクを貼っておきます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最後までお読み頂きありがとうございました!

このブログランキングに2つ参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

[日経225オプションの自動売買について]

アイキャッチ

日経225オプションの自動売買をしています。

海外FXと違ってまとまった資金が必要ですが、手堅く利益が出ます。

詳細は下記記事をお読みください。

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

<運用実績>

2016年5月:121,600円
2016年6月:188,872円
2016年7月:261,816円
2016年8月:316,384円
2016年9月:345,332円
2016年10月:541,476円
2016年11月:970,982円
2016年12月:754,354円
2017年1月:1,402,523円
2017年2月:1,174,306円
2017年3月:1,415,862円
2017年4月:1,345,072円
2017年5月(NEW):844,504円

毎月のSQの実績はこちらで公開してます。

日経225オプションと日経平均の相場分析&戦略についてはこちらで公開してます。

[XM口座開設特典]

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均ゴールドでもトラリピ可能。

・くるくるワイド用の指値トラリピEAを別途提供。
基本機能以外だと、指値/逆指値モード切替、ストップロス、EA停止条件&停止後の処理機能など機能を絞ったトラリピEA。

PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)

※トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

5/6までXMが100%ボーナスを開催中です!

→5/6以降も100%ボーナスは継続決定しました。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーも対象になる為、過去に100%ボーナスを受けていても適用されます。

5万円入金で5万円ボーナスが付与される為、煽りぬきで活用しないのはもったいないです。

詳細は下記記事を参照してください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

[おすすめ記事]

XMのメリット/デメリットや特色について

当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典

XMの口座開設マニュアル

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり

スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法

海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!

最少スプレット0pips! XM ZERO口座

XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

トラリピEAにトリガー機能を搭載! ※指定した価格に到達したらトラリピ開始

トラリピEAにトレンド診断機能を搭載! ※逆行相場で自動停止&予約注文削除

トラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載! ※自動押し目買い、戻り売りが可能

トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
原油先物日経平均のトラリピEAもあり。

トラリピシミュレーターの無料提供

M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い

M2Jトラリピの落とし穴

MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!

考察&手法

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

・くるくるワイドを簡単にやる方法

くるくるワイドを簡単にやる方法(結果レポート)

月収30万~40万稼げるローリスクなトラリピ設定

→7/13~8/7の4週間で426295円稼げました。進捗は週間トラリピ実績を参照。

月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定

→9/21~10/16の4週間で164986円稼げました。

月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定

→11/2から本格始動。

初心者必見! トラリピの含み損とトレーダーの精神的負荷について

トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~

FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~

FXあるある失敗談~その他~

ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~

[儲け話・・・]

儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたらページトップのお問い合わせをご利用ください。