ネガティブ材料は脇においてリスクを取る予定。

[トラリピについて]

含み損を減らすガード機能トレンドン診断機能がある高性能トラリピEAをMT4で使ってます。

優良海外FXブローカーのXMで法人口座でやってます。
トラリピEAについては当ブログ経由のXM口座開設で無料提供させて頂きます。

<トラリピ設定> ※XMの法人口座で運用

週間のトラリピ実績も公開してますので興味ある人はどうぞ。

トラリピではないですが、a/20~6/24は過去最高の利益を上げました。運が良かったです。

英国民投票イベントの結果発表&ありえないレベルでやばいトレード実績・・・

11/13:ユーロドル、ドル円、ドルカナダ追加。豪ドルスイスフランをトレンド診断オン稼動に変更

トラリピEAにトレンド診断機能を実装して運用しています。(逆行相場で自動停止&予約注文削除)

通貨ペア:ユーロドル
売買:ショート
取引LOT:3000通貨
値幅:1.06~1.11
トラップ幅:15
利益幅:40
ガード:5
トレンド診断:オフ

通貨ペア:ドル円
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:105~109
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:5
トレンド診断:オフ

通貨ペア:ドルカナダドル
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:1.33~1.4
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:5
トレンド診断:オフ

通貨ペア:豪ドルスイスフラン 
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:0.72~0.77
トラップ幅:15
利益幅:40
ガード:16
トレンド診断:オン

[XM口座開設特典]

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均でトラリピ可能。PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)
トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。



[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

5/6までXMが100%ボーナスを開催中です!

→5/6以降も100%ボーナスは継続決定しました。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーも対象になる為、過去に100%ボーナスを受けていても適用されます。

5万円入金で5万円ボーナスが付与される為、煽りぬきで活用しないのはもったいないです。

詳細は下記記事を参照してください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

[日経225オプションの自動売買について]

アイキャッチ

日経225オプションの自動売買をしています。

海外FXと違ってまとまった資金が必要ですが、手堅く利益が出ます。

詳細は下記記事をお読みください。

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

毎月のSQの実績はこちらで公開してます。

[今週の為替見通し]

日曜恒例の1週間の見通し記事ですが、今回はかなり短い記事になる予定です。

結論から書きますと従来のドル安円高株安の懸念をひとまず脇において、ドル高円安株高に切り替えます。

<トランポノミクスでドル金利高ドル高円安株高が続く>

この土日にそのように考える新しい材料が出たわけではないですが、土曜日に志摩力男さんのセミナーを受け、その中で「米長期金利が2%超えて上昇し続けてるんだから、将来のドル安なんて考えずにドルを買えばいい」という言葉に「確かにその通りかもしれない」と思ったからです。

米長期金利 日足

u-s-10-year-bond-yield%e6%af%8e%e6%97%a520161111154727

米長期金利 集足

u-s-10-year-bond-yield%e6%af%8e%e9%80%b120161111154736

ドルインデックス 日足

%e3%83%89%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e6%97%a5%e8%b6%b3

ドルインデックス 週足

%e3%83%89%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e9%80%b1%e8%b6%b3

金曜は米債券市場は休場だったので長期金利は2.138%から動いてませんが、株式市場を通して米長期国債ETFが更に売られています。

ですから、月曜日に債券市場が開いたらすぐに長期金利は大きく上昇する事になる為、週明けからもドル高は続くでしょう。

週末を前に態度を決めかねていたマーケット参加者も多かったですし、土日の間に多くのマーケット参加者は「トランポノミクス相場」についていこうと判断する勢力が増える可能性が高いと思われます。

私も先週はトランポノミクスのプラス面だけを見て、マイナス面や実現性の有無を考えず上昇する今の相場を懐疑的に見てましたが、マーケットがプラス面に集中して動いており、実際に金利が急騰してる以上、その流れについていく事にしました。

<トランポノミクスのポジティブ記事>

コラム:トランプ円安はサプライズではない=村上尚己氏 ※ロイター

トランポノミクスをポジティブに捉えているエコノミストが多数出てきてますが、このエコノミストは大統領がトランプに決まる前から「トランプリスクは幻影(10月19日コラム)」を書いており、方針にぶれがないので参考になると思います。

米連邦準備制度の独立性、トランプ政権下でも維持される-経済顧問 ※ブルームバーグ

ドナルド・トランプ次期米大統領の経済アドバイザー、ジュディ・シェルトン氏は、米連邦準備制度が政治的圧力から保護され独立性を持つことは次期政権下で尊重されるとの見解を示した。

  シェルトン氏は11日にブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「米連邦準備制度は独立しており、引き続き独立性を保つだろう」と述べた。イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が残る任期を全うするのかとの質問には、「そうならない理由は想像できない」と語った。

  トランプ氏が次期大統領に選出されたのを受け、金融政策を監査対象とすることなどを盛り込んだ共和党のFRB改革案が法制化されかねないとの臆測が高まっている。シェルトン氏はテレビインタビュー後にブルームバーグ・ラジオのインタビューで、「トランプ氏はイエレン議長の任期満了時に他の人を議長に指名する権利を有する」と述べた。イエレン議長は再任されなければ2018年で任期満了となる。

イエレンさんが再任されるかは不明ですが、そんな先のことはマーケットは懸念材料として織り込みません。

12月FOMCでの利上げは既に80%ぐらい織り込まれてますし、トランプが邪魔しないなら普通に利上げされるでしょう。

マーケットは12月FOMCで来年度に2回以上の利上げ回数を織り込むような動きをしても全然おかしくない状況です。

フィッシャーFRB副議長:当局は責務達成に近い、利上げ論拠強まる ※ブルームバーグ

11日にフィッシャーさんも利上げに対して強気な発言をしてますし、12月FOMCでの利上げはほぼ確実でしょう。

今は利上げ有無よりも、何%利上げするかや、来年度の利上げ回数に注目が集まりそうです。

<トランポノミクスネガティブな記事>

コラム:トランプ円安は短命、英ショックの教訓=佐々木融氏 ※ロイター

一部だけ抜粋

当社はトランプ氏が当選しても、以前同様、米連邦準備理事会(FRB)が12月13―14日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定すると予想している。昨年も12月に利上げが行われたので、記憶に新しいが、通常、米国の長期金利やドルは利上げの前後がピークとなり、利上げが行われると反落する傾向にある。今回も同じような動きをするのならば、そろそろ米長期金利もドルもピークアウトして反落に向かう可能性は低くないと考える。

筆者にとって、今回のドル円相場の急反発は予想外の動きだったが、ここからの上昇余力は限定的で、今後1カ月以内には反落すると予想している。

いつも参考にさせてもらってるJPモルガンの佐々木さんのコラムです。

今までの私ならこちらをより参考にしてますが、今はリスクオンよりの方針でいこうと思います。

確かに今の相場は急激すぎるので一度落ちるかもしれませんし。

でも今のような相場は「押し目待ちに押し目なし」になりやすいので、ある程度リスクを取っていくという判断。

落ちたら落ちたで含み損を抱えながら押し目買いを狙うという感じです。

<どの通貨ペア、品目でエントリーするか>

・ユーロドルショート

・ドルカナダドルロング

・ドル円ロング

・日経平均とダウをロング

上記以外もしてきますし、既に他のポジを取得してますが、積極的にエントリーしたいところ。

特にトランプ大統領誕生で揺れている欧州通貨のユーロは、12月4日のイタリアの憲法改正の国民投票を始め、来年はオランダ総選挙(3月15日)、フランス大統領選挙(4月末と5月1週予定)、ドイツ総選挙(秋)と続きます。

まだまだ先の話なのでマーケットがテーマとして織り込むのは早いですが、ドル高が続くならあえてユーロを買う必要もないです。

それにユーロドルは1.085のオプションバリアを11/11に突破しましたし、レンジ相場を続けていたユーロドルがこれから明確な下落トレンドになる可能性もあると思います。

11/11終わり値の秘伝チャートでも最大ターゲットで1.0698が出ましたし、今週は積極的にショートしていきたいです。

ドル円は今の段階で110円とか考えてませんし、ドル高はともかく円安に関しては懐疑的な気持ちは抜けませんが、少なくとも107円台で上昇が止まる材料は乏しいので(利益確定で落ちてもせいぜい106円台)、素直に買えばよいと思います。

ドルカナダは原油が軟調なので買っておけばいいですね。

どうせ11月末頃のOPEC会合で具体的な減産合意は無理でしょう。原油は既に期待だけで上がる相場ではないです。

日経はドル円が上がるなら18000円まではいくと思うのでとりあえず週明けに買います。

下がっても買うだけです。

ダウは買うのが怖いですがたぶん買います。

<ポンドのショートカバーについて>

ポンド買い/新興国通貨売りが止まらない! ※ロンドンFX

EU緊急外務相会合 ※ロンドンFX

ポンドドルロング、ポンドスイスフランロング、ポンドカナダドルロングとポンド買いのポジを取っておいて何ですが、「利益が出たらいいな」程度の気持ちでエントリーしてます。(テクニカルでもポンド買いですしね)

ロンドンFXの松崎さんいわく、今のポンドは政治ネタで動いてるに等しいので、ポンド売りになりそうなヘッドラインが出たら撤退とか、テクニカル的に一服感がでそうな水準まできたら利益確定とかで、難しく考えずにエントリーする予定。

それと明日にロンドンFXの松崎さんがセントラル短資で「トランプ大統領誕生がヨーロッパやBrexitに与える影響について」コラムを書くみたいなので、そちらも参考にする予定。

<今週の経済指標、経済イベントについて>

米指標については多少指標が悪くてもドルの押し目にしかならない or 反応しないかもしれません。

小売売上高や消費者物価指数、その他指標が多いのでドル高のサポートになる可能性がありそうです。

17日の24時にイエレンFRB議長が上下両院合同経済委員会で証言するので、ここで利上げに一歩踏み込んだ発言が出るかに注目というのが一般的な考えですが、この状況下で利上げしない選択をすると思えないのでそれほど注目してません。

後は15日19時に英中銀のインフレレポートに関する議会証言があるので、次は利上げの可能性があるというような発言が出ると更にポンドのショートカバーが進むかも?

他にもRBAやドラギ総裁講演など色々ありますが、こちらに日程があるので参考にどうぞ。

<どうする> ※裁量

基本的には上記記事で書いたとおりですが、チキンなので実際の相場では損切りして押し目待ちする可能性も高いです(笑)

まあ、ある程度の損失は受け入れてリスクを取っていく方針に間違いはないです。

今年も後1.5ヶ月ですが、強気相場になる兆候が出てるので後で後悔したくないんですよね。

<どうする> ※トラリピ

下記設定でトラリピを追加します。

短期か中期かはまだ決めてませんが、少なくとも今の相場には適してます。

豪ドルスイスフランはトレンド診断オンでしばらく様子をみます。

通貨ペア:ユーロドル
売買:ショート
取引LOT:3000通貨
値幅:1.06~1.11
トラップ幅:15
利益幅:40
ガード:5
トレンド診断:オフ

通貨ペア:ドル円
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:105~109
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:5
トレンド診断:オフ

通貨ペア:ドルカナダドル
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:1.33~1.4
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:5
トレンド診断:オフ

[最新の秘伝チャートシグナル]

為替王秘伝チャートシグナル情報量が多くなってきたので、別記事としてアップしておく事にしました。

XM口座開設特典としてメルマガでも配信してますが、夜にブログを更新する際にアップします。

ブログ更新がない日は面倒なのでアップしません。

[お願い事項]
このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

詳細は下記記事をご確認ください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

<XMを使う利点>

・レバレッジ888倍

・トレードに使える入金ボーナス

・追証なしのゼロカットシステム

・取引する毎にXMP(XMポイント)を取得出来、現金やボーナスに変換できる

・完全日本語対応で、日本語でのライブチャットやサポートチームも完備

・クレジットカードだけでなく、三井住友銀行経由での国内振り込みも可能。(24時間以内に対応で手数料は通常の銀行振込の手数料のみ)

海外FXブローカーのXMについての詳細は海外FX(XM)のメリットとデメリットについてをお読みください!

また、当ブログ経由でのXM口座開設であれば多数の特典を提供させて頂いております。
100%ボーナスで12.2万の証拠金があれば、逆指値トラリピEAを使って余裕で運用可能です!

是非ご利用ください!!

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。


[おすすめ記事]

考察&手法

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

今からでも遅くない!? ゴールドでトラリピという選択肢

・くるくるワイドを簡単にやる方法

くるくるワイドを簡単にやる方法(結果レポート)

月収30万~40万稼げるローリスクなトラリピ設定

→7/13~8/7の4週間で426295円稼げました。進捗は週間トラリピ実績を参照。

月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定

→9/21~10/16の4週間で164986円稼げました。

月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定

→11/2から本格始動。

初心者必見! トラリピの含み損とトレーダーの精神的負荷について

トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~

FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~

FXあるある失敗談~その他~

ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~

XMのメリット/デメリットや特色について

当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典

XMの口座開設マニュアル

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり

スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法

海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!

最少スプレット0pips! XM ZERO口座

XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

トラリピEAにトレンド診断機能を搭載! ※逆行相場で自動停止&予約注文削除

トラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載! ※自動押し目買い、戻り売りが可能

トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
原油先物日経平均のトラリピEAもあり。

トラリピシミュレーターの無料提供

M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い

M2Jトラリピの落とし穴

MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!

[儲け話・・・]

儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたらページトップのお問い合わせをご利用ください。