窓開けにならなくても、軟調スタートになる可能性はかなり高いです。今週はやりづらい相場になりそうな予感。

[トラリピについて]

含み損を減らすガード機能とトレンド診断機能がある高性能トラリピEAをMT4で使ってます。

優良海外FXブローカーのXMで法人口座でやってます。
トラリピEAについては当ブログ経由のXM口座開設で無料提供させて頂きます。

<トラリピ設定> ※XMの法人口座で運用

週間のトラリピ実績も公開してますので興味ある人はどうぞ。

5/14:色々変更

トラリピEAにトレンド診断機能を実装して運用しています。(逆行相場で自動停止&予約注文削除)

通貨ペア:豪ドルNZドル
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:1.07~1.1
トラップ幅:15
利益幅:40
ガード:21 ※xmだと最低21にしないと動かない
トレンド診断:オン

通貨ペア:豪ドルスイスフラン
売買:ロング
取引LOT:3000通貨 
トラップ幅:15 
利益幅:40
ガード:16 ※xmだと最低16にしないと動かない
トレンド診断:オフ

通貨ペア:ユーロ円
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:122円~125円
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:20
トレンド診断:オフ

[XM口座開設特典]

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均ゴールドでもトラリピ可能。

・くるくるワイド用の指値トラリピEAを別途提供。
基本機能以外だと、指値/逆指値モード切替、ストップロス、EA停止条件&停止後の処理機能など機能を絞ったトラリピEA。

PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)

※トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

5/6までXMが100%ボーナスを開催中です!

→5/6以降も100%ボーナスは継続決定しました。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーも対象になる為、過去に100%ボーナスを受けていても適用されます。

5万円入金で5万円ボーナスが付与される為、煽りぬきで活用しないのはもったいないです。

詳細は下記記事を参照してください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

[日経225オプションの自動売買について]

アイキャッチ

日経225オプションの自動売買をしています。

海外FXと違ってまとまった資金が必要ですが、手堅く利益が出ます。

詳細は下記記事をお読みください。

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

<運用実績>

2016年5月:121600円
2016年6月:188872円
2016年7月:261816円
2016年8月:316384円
2016年9月:345332円
2016年10月:541476円
2016年11月:970982円
2016年12月:754354円
2017年1月:1402523円
2017年2月:1174306円
2017年3月:1415862円
2017年4月(NEW):1345072円

毎月のSQの実績はこちらで公開してます。

日経225オプションと日経平均の相場分析&戦略についてはこちらで公開してます。

[今週の見通し]

———————–
5/14更新の他の記事

最新(5/12終わり値)の秘伝チャートシグナル

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2017年5月14日

・ついでに連絡ですが、コインチェックは積極的に使わない方が良さそうなので、下記記事に注記を付け加えました。

いつまで様子を見るつもり? まずは1歩踏み出そう!! 仮想通貨の売買ならコインチェック(Coincheck)がオススメ!!

仮想通貨、暗号通貨自体は面白いと思うので、記事自体は残しておきます。

———————–

5/12の米小売売上高や、消費者物価指数が予想上振れとなり、最近の米指標が悪いのは一時的だったという解釈で利上げ期待が高まり(正確には1回利上げか、それ以上かという意味で)、長期金利も上昇する事を期待してましたが、そんな事はなかったです。

11日からじりじり下がり続けていた米長期金利も大きく急落し、2.326%で引けました。

また、FRBメンバーで今年度の投票権を持つシカゴ連銀総裁が「インフレ関連の指標に持ち直しがみられないなら、利上げは一度でも良い」や、「現時点では、下振れリスクが依然優勢だ」などと発言し、ドル売りを誘った。

エバンス・シカゴ連銀総裁:インフレには依然「下振れリスク」が優勢 ※ブルームバーグ

しかし、講演後のブルームバーグのインタビューでは「米経済のファンダメンタルズは現在のところ健全であり、多くの下振れリスクは見当たらない」などと発言してるようで、どっちなんだよ? という感じです(笑)

フランス大統領選の趨勢がマクロン勝利となってからの4/24~5/11はユーロ高のリスクオン相場でしたが、今週は大きなイベントもないですし、調整相場となりそうです。

そんな中、本日早朝北朝鮮が弾道ミサイルをまた発射しました。これで週明けは円高株安、その後も軟調な調整相場になる可能性がますます高まってしまいました。

北朝鮮が弾道ミサイル、高度2000キロ超で新型の可能性 ※ロイター

マーケットも別に北朝鮮有事が現実のものとなるとは考えてないと思いますが、リスクオン材料がいったんきれて調整したがってるような相場な気がするので、たぶん週明けは軟調な展開になると思います。

また、信ぴょう性は薄いですが、2チャンネラーで北朝鮮の暗号を解読したとかで、明日の朝6時前後にまたミサイルを撃つというネタがあるみたいです。

一応紹介しておきます。

ちなみに13日に閉幕したG7財務相・中央銀行総裁会議の結果は前回と特に変わらないです。

G7、貿易で表現弱めた声明継続-米財務長官は保護主義の権利留保 ※ブルームバーグ

ムニューシンさんが「保護主義を望むわけではないが、貿易が自由かつ公平でないと判断した場合は、われわれは保護主義を講じる権利を持つ」などと発言してます。(アメリカファーストにしろという事ですね)

トランプ政権が前から出していた見解を踏襲しただけなので、改めて材料視されるわけではないでしょうけど、少なくともプラス材料にはならないです。

また、米上院情報委員会の非公開公聴会でのコミー前FBI長官の証言が16日に予定されていましたが、複数のメディアから開催中止と伝わっています。

コミー前FBI長官の証言が中止であるなら、マーケットも証言リスクに備える動きを強めないとは思いますが、新たな火種として残ることに変わりはなく、ポジティブに反応することはなさそうです。

トランプ大統領は会話を録音したのか-ホワイトハウス、説明を拒否 ※ブルームバーグ

・・・とネガティブ材料ばかり書いてきましたが、12日のやや弱い米指標を受けても、アトランタ連銀のGDPナウは4-6月GDPが3.6%予想と出ています。(9日発表時点から変わらず)

更にゴールドマンサックスは同期間の見通しを+2.9%より+3.1%へとむしろ引き上げていますが、ゴールドマンの見解は正直あてにならないので参考程度です(笑)

悲観一色になってるわけではないですし、6月利上げの可能性は依然高いので、少なくとも米国要因での過度なドル安にはならないと思われます。

まあ、週明けから積極的にドルを買えるような相場ではないですが・・・。

<ユーロについて>

上記で書いたように利上げ観測(2回以上の利上げ)が高まってドルを積極的に買うとか、トランプ政権の減税期待でドルを買うとか、そういう機運が失速しています。

反面ユーロは現時点でユーロを売りこむ材料が少なく、ユーロ圏の経済指標も予想上振れも多いです。

ドラギ総裁がテーパリング観測を否定しても、ユーロ圏の経済指標は軒並みよくなってきており説得力もなくなってきています。(それでも口先で落ちるけど)

IMM通貨先物のポジション傾き(5/9時点)は、2014年の7月?以来のユーロ買いに傾いてるそうです。

あくまで大口の投機筋の一部の傾きではありますが、最近のユーロの強さから考えると納得ですね。

差し当たって5月16日のユーロ圏四半期GDP改定値と17日のユーロ圏消費者物価指数改定値が、もしも予想上振れしていたら改定値とはいえユーロがそれなりに買われると思います。

ちなみに5月18日木曜日の26時にドラギ総裁講演があります。

10日に講演したばかりですし、1週間で見解が変わる事はないと思いますが、マーケットが期待してユーロを買ってくる可能性もあるので一応気にしておいた方がよさそうです。

<その他>

・ポンドについて

先週のBOE(Super Thursday)で、カーニー総裁が「個人消費の鈍化」、「賃金上昇率の先行き見通しは悲観的」と繰り返し発言し、「インフレ率>賃金上昇率」 ⇒ 個人消費の鈍化=生活水準の低下」という要素でポンド売り材料になったようです。(その他GDPが予想下振れとか)

しかし、ポンド安が今後も続くのかというとそれもわかりません。

既にブレグジットネタは賞味期限切れですし、EUとの交渉が近日中に進展する事もないので、英指標が良ければ買い戻されて、悪ければ売られるとか、そんな単純でありきたりの事しか考えてないです。

5/16に消費者物価指数、5/17に失業率、平均所得が発表されるので、指標前後にポンドは大きく動くのは間違いないです。

それとIMM通貨先物のポジション傾き(5/9時点)は、大きくポンド売りが縮小しています。

5/11のBOEでポンドが再度売られてはいますが、今までに比べポンドショートが大きく減った事で、ポンドの動きが変わってくるかもしれません。

まあ、あれですね。正直ポンドはよくわからないので注意してくださいとかしか言えません(笑)

・米長期金利、ドイツ長期金利について

西原メルマガや、JPモルガンの佐々木さんの話では、最近は10年長期金利より、2年の短期金利へのドル円、ユーロ円の連動性が高くなってるみたいです。

チャートで見比べてみると確かにその傾向があるので、2年金利をチェックした方がよいのかもしれません。

・日経平均について

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2017年5月14日~の環境とリスクと相場予想

上記記事に分析記事があるので読んでない人はどうぞ。

とりあえず週明けは北朝鮮のミサイルネタもありますし、下げてスタートしてからも軟調推移になる可能性が高そうです。

・カナダドル、原油について

先週は原油の反発が続きましたが、50ドル台に常駐できるほどの強さもなさそうですが、45ドルに向けて下がるほど弱くもないという状態。

NY原油(12日):ほぼ変わらず、OPEC非加盟国の増産観測で失速 ※ブルームバーグ

減産でも出荷量拡大するOPEC  ※油を売る日々

明確なトレンドは出てませんが、油を売る日々に書かれているように、米国の産油量が増え続けている以上、新たな原油買い材料が出ない限り上値が重い状態が続きそうです。

そんな状態なので、原油輸出のウェイトが大きいカナダドルは、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉への警戒感もあり、軟調な状態が続きそうです。

経済指標は好調ですが、現状、経済指標より上記要因の方が材料視されている為、ほとんどのカナダドルクロスで売られています。

通貨の強弱をチェックしたうえで、カナダドルを売ってみるのもよいかもしれません。(対ユーロ、ポンド、ドル、円とか)

・豪ドルについて

最近良いところがまったくない中、週明け早々、予想下振れになりそうな住宅ローン件数の指標があります。

本命は5/16の金融政策決定理事会議事録、5/17の雇用統計です。

予想の大幅は上振れになる可能性は低そうなので、せめて予想と大きく乖離しない事を期待するばかりです。

せめて商品価格(鉄鉱石、銅など)が持ち直してくれれば上昇しやすいのですが、今週は調整相場でリスクオフよりですし、豪ドルの反発は厳しそうです。

<どうする> ※裁量

とりあえず週明けの相場を見て、日経ロングをさっさと損切りする予定。

豪ドルNZドルもあまり期待できないので、たぶん損切りします。

今週はしょっぱなからマイナススタートになりそうですが、あまりよい相場状況でもないので、トレードは控えるかもしれません。

他にやるべき事が色々ありまして、そちらを優先する予定です。

<どうする> ※トラリピ

豪ドルが軟調なので下記のようにリスクを下げます。

・豪ドルスイスフランのLOTを4000通貨から3000通貨、トラップ幅を10から15に変更

・豪ドルNZドルのトラップ幅を15に変更したうえで、トレンド診断オンに変更。

今週豪指標が軒並み悪かったら、そろそろ豪ドルに引導を渡さないといけなくなるかもしれません。

反発の目がいい加減見えて欲しいところです。

ユーロ円に関しては、円高リスクはあるものの、ユーロ高は継続しそうなので、ガード値を20にしたうえで稼働させます。

最後までお読み頂きありがとうございました!

このブログランキングに2つ参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

 

いつまで様子を見るつもり? まずは1歩踏み出そう!! 仮想通貨の売買ならコインチェック(Coincheck)がオススメ!!

 

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

詳細は下記記事をご確認ください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

<XMを使う利点>

・レバレッジ888倍

・トレードに使える入金ボーナス

・追証なしのゼロカットシステム

・取引する毎にXMP(XMポイント)を取得出来、現金やボーナスに変換できる

・完全日本語対応で、日本語でのライブチャットやサポートチームも完備

・クレジットカードだけでなく、三井住友銀行経由での国内振り込みも可能。(24時間以内に対応で手数料は通常の銀行振込の手数料のみ)

海外FXブローカーのXMについての詳細は海外FX(XM)のメリットとデメリットについてをお読みください!

また、当ブログ経由でのXM口座開設であれば多数の特典を提供させて頂いております。
100%ボーナスで12.2万の証拠金があれば、逆指値トラリピEAを使って余裕で運用可能です!

是非ご利用ください!!

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。

[おすすめ記事]

XMのメリット/デメリットや特色について

当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典

XMの口座開設マニュアル

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり

スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法

海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!

最少スプレット0pips! XM ZERO口座

XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

トラリピEAにトリガー機能を搭載! ※指定した価格に到達したらトラリピ開始

トラリピEAにトレンド診断機能を搭載! ※逆行相場で自動停止&予約注文削除

トラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載! ※自動押し目買い、戻り売りが可能

トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
原油先物日経平均のトラリピEAもあり。

トラリピシミュレーターの無料提供

M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い

M2Jトラリピの落とし穴

MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!

考察&手法

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

・くるくるワイドを簡単にやる方法

くるくるワイドを簡単にやる方法(結果レポート)

月収30万~40万稼げるローリスクなトラリピ設定

→7/13~8/7の4週間で426295円稼げました。進捗は週間トラリピ実績を参照。

月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定

→9/21~10/16の4週間で164986円稼げました。

月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定

→11/2から本格始動。

初心者必見! トラリピの含み損とトレーダーの精神的負荷について

トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~

FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~

FXあるある失敗談~その他~

ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~

[儲け話・・・]

儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたらページトップのお問い合わせをご利用ください。