そこまで期待されてなかったG7ですが、少しは株安円高になる気がします。

[トラリピについて]

トレーリングストップ機能と含み損を減らすガード機能がある高性能トラリピEAをMT4で使ってます。
1/5からトラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載トレーリングストップ機能は削除しました。

優良海外FXブローカーのXMで法人口座でやってます。
トラリピEAについては当ブログ経由のXM口座開設で無料提供させて頂きます。

<トラリピ設定> ※XMの法人口座で運用

9月21日~10月28日は「月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定」でやっていました。

月収10万~15万のローリスクトラリピ設定で9/21~10/16の4週間で164986円も稼げました。

10/29から月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定でやっています。
11/2~11/27のトラリピ実績は456671円でした。(開始から4週間)

2016年は年明けからマーケットが不安定ですが、比較的安全な通貨ペアを考えてみました。

上記の記事で書いてる通貨ペア以外は、短期のファンダメンタルズでのトラリピをしてる感じです。

週間のトラリピ実績も公開してますので興味ある人はどうぞ。

5/22:原油トラリピを追加

最悪条件は書かないことにします。理由は相場を見て損切りする予定でいるからです。
特典を提供してるXMユーザーはトラリピシミュレーターで見積もってやってください。

通貨ペア:ユーロ円
売買:ショート
取引LOT:4000通貨
値幅:122円~126円
トラップ幅:20
利益幅:40
ガード:10
裁量トラリピ:相場状況に合わせてON、OFFをするので記載せず。

通貨ペア:ユーロポンド 
売買:ショート
取引LOT:3000通貨
値幅:0.76~0.8 ※0.759でEA停止
トラップ幅:10
利益幅:20
ガード:10
裁量トラリピ:相場状況に合わせてON、OFFをするので記載せず。

品目:日経平均 ※超短期 裁量的な使い方で、16700を超えたら基本全決済して停止
売買:ロング
取引LOT:50
値幅:15800~16700
トラップ幅:50
利益幅:100
ガード:10
裁量トラリピ:相場状況に合わせてON、OFFをするので記載せず。

品目:原油 ※短期 50ドル超えたら全決済して様子見
売買:ロング
取引LOT:3(1ドル増減で3000円ぐらい)
値幅:45~50
トラップ幅:25
利益幅:25
ガード:2
トレンド診断機能:オン(今はオンしかできない・・・)

考察&手法

・くるくるワイドを簡単にやる方法

くるくるワイドを簡単にやる方法(結果レポート)

月収30万~40万稼げるローリスクなトラリピ設定

→7/13~8/7の4週間で426295円稼げました。進捗は週間トラリピ実績を参照。

月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定

→9/21~10/16の4週間で164986円稼げました。

月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定

→11/2から本格始動。

初心者必見! トラリピの含み損とトレーダーの精神的負荷について

トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~

FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~

FXあるある失敗談~その他~

ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~

XMのメリット/デメリットや特色について

当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典

XMの口座開設マニュアル

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり

スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法

海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!

最少スプレット0pips! XM ZERO口座

XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

トラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載! ※自動押し目買い、戻り売りが可能

トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
原油先物日経平均のトラリピEAもあり。

トラリピシミュレーターの無料提供

M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い

M2Jトラリピの落とし穴

MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!

最近ブログ村のランキングポイントが急激に下落してるので、下記バナーをクリックしてもらえると助かります。

[お願い事項]
このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[XM口座開設特典]

特典画像1

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均でトラリピ可能。PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)
トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。



[FXトレード戦略指令!]

上記は私が2年近く購読している、FXプロ投資家の西原先生の有料メルマガ&掲示板(質問など)サービスです。
毎月4,200円とかなり高額ですが、その価値はあると思ってます。

西原先生の相場観やエントリー情報もありますが、ディナポリ・チャートによるテクニカル分析や、欧州在住のサポートメンバーである松崎先生からのいち早い欧州の情報や、経済指標以外の〇〇総裁(ECB、FRBなど)会見のコメントをリアルタイムでメール展開してくれたりなど、盛りだくさんです。

10日間の無料購読も出来ますが、たぶん10日じゃわからないと思いますので、とりあえず1,2か月取ってみて4200円払う価値があるか決めてください。

注意点は、西原先生のエントリー情報にこだわり過ぎない点です。
プロ投資家と違っていつもチャートを見れるわけじゃないので、上手いタイミングで決済や損切りが出来るわけではないので、あくまで参考という形を取る事をお勧めします。

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

5/6までXMが100%ボーナスを開催中です!

→5/6以降も100%ボーナスは継続決定しました。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーも対象になる為、過去に100%ボーナスを受けていても適用されます。

5万円入金で5万円ボーナスが付与される為、煽りぬきで活用しないのはもったいないです。

詳細は下記記事を参照してください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

[今週の為替見通し]

今週はここ一ヶ月の中では一番見通しを立てやすい週になりそうです。

やはりドルの方向性が出ていると何事もやりやすくていいです。

<ドル相場について>

まずは松崎さんのコラムを読んでください。

米利上げについてわかりやすくまとめられているのでとても参考になります。

6月利上げが現実味を帯びてきたアメリカ
 ※セントラル短資FX(松崎さんのコラム)

ドルインデックスも95台に回帰し、金曜の終わり値は95.29でした。

ドルインデックス

米長期金利も5/13の1.7%から1.84%まで上昇し、債券市場も年内利上げを最低1回を織り込み始めました。

U.S. 10-Year Bond Yield(5時間)20160522124035

FOMC議事録で6月の利上げはデータ次第と強調されていいるのもあり、今週の米指標でドル相場も動く可能性はありますが、動くとしても木曜日の前週分 新規失業保険申請件数と金曜日の1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比年率]ぐらいでしょう。

でも指標はオマケのようなもので、5/27 26時15分からのイエレンFRB議長講演のほうがはるかに材料視される為、イエレンさんの講演が終わるまでは少なくとも大きくドル安に傾く可能性は低いと思います。

とはいえ、ハト派や中立派のメンバーやFOMC議事録で利上げ観測をマーケットに織り込ませておいて、今更イエレンさんが「利上げ観測が後退するレベルのハト派発言」をするとは思えません。

イエレンさんがタカ派すぎるコメントをすると今度はドル高で困るので、たぶん「利上げはデータ次第」というのではないでしょうか。

イエレンさん講演でドル安になるか、ドル高になるかは直前の値動き次第なので、またそのときに考えればいいです。

少なくとも現時点の材料で考えるなら、イエレンさんがロングの利益確定ではなく、新規でドル売りになるような発言をする可能性は低いでしょう。

イエレンさん以外のFRBメンバーの講演も多数ある為、下記時間帯にドルが動いたら彼らの発言と考えていいでしょう。

投票権を持たない連銀総裁も多いですが、一応書いておきます。

———————————
5/23

19:15 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 ※タカ派
21:00 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演 ※中立派

5/24

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 ※2016年はFRBメンバーではないがタカ派

5/25

24:40 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演 ※2016年はFRBメンバーではない

27:00 カプラン米ダラス連銀総裁、講演 ※2016年はFRBメンバーではない

5/26

19:10 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演 ※タカ派

25:00 パウエルFRB理事、講演

5/27

26:15 イエレンFRB議長、講演
———————————

まとめますとドルは今週もドル高基調を維持し、松崎さんのコラムにあるようにドルインデックスが96台に向かって上昇すると見ています。

<20日-21日の仙台G7について>

為替で日米の溝埋まらず、いずれ円高材料との懸念も-エコノミスト ※ブルームバーグ

仙台で開かれた主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で為替をめぐる日米の相違が浮き彫りになった。

直ちに円高への圧力にならないとしても、米国の利上げ動向など今後の状況によっては、いずれ円高材料になる可能性があるとエコノミストはみている。

麻生太郎財務相は21日、G7終了後の議長会見で、ルー米財務長官との会談について、「一方的に偏った急激な、投機的な動きがみられたが、為替市場における急激な変動は望ましくない、為替の安定が重要であるという点は申し上げた」と言明。

「この数週間を見れば2日間で5円とか、10日間で8円とか9円とか振れるということは、明らかに秩序立った動きとは言えない」と述べた。

これに対し、ルー長官はG7終了後の会見で、為替相場が無秩序な動きと判断することの「ハードルが高い」と指摘。

米財務省高官も前日、匿名を条件に記者団に対し、足元の円相場の動きは秩序立っているとの認識を示した上で、無秩序の例として、歴史的な円高を記録してG7が協調介入に踏み切った2011年3月の東日本大震災後の為替変動を挙げた。

インタビュー:現在の為替市場、介入の必要ない=仏財務相 ※ロイター

フランスのサパン財務相は、為替市場に大きな相違はみられず市場介入の必要はないとの見方を示した。

主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に出席していた同相はロイターとのインタビューで、金融政策は世界の経済状況に十分に適応しているが、成長促進に向けて余力のある国は財政政策を利用すべきと述べた。

米国だけでなく、フランスにまで否定された日本。(なぜフランス?という感じはしますが)

記事を読む限り日本の為替介入の可能性は更に低下し、G7で足並みをそろえた財政出勤の可能性も低いです。

まだ26日-27日の伊勢志摩サミット(G7首脳国会合)がありますが、それまでどの程度株高を維持できるのかわかりませんね。
(先週は財政出勤期待で株が買われた)

気になるのが消費税について、麻生さんが増税の立場をまったく崩していない点です。

麻生財務相:消費増税は予定通りと発言-ルー米財務長官との会談 ※ブルームバーグ

更に消費増税延期を主張していたアベノミクス成功させる会も増税に転換したらしいです。

為替市場としては消費増税延期は規定路線としてるので、予定通りに増税となればネガティブサプライズで円高になる可能性がありますね。(株も売られそう)

<株価について>

米株

米国株(20日):上昇、情報技術株に買い-利上げめぐる不安が後退 ※ブルームバーグ

利上げ期待でドル高基調が続くなか、米株の反発が続くのか、このまま売られてリスクオフ要因になるかですね。

株安が再開するとリスク資産は売られる流れになるので気をつけてください。

ちなみに今の日経平均は米株の影響はあまり受けませんが、今週の日経平均はあまりあがらない気がします。

日経平均

ドル円が110円台に危なげなくのせてきましたし、利上げ観測が大きく後退しない限りドル円の下値は限定的と考えると、日経平均は17000円台に回帰する可能性は高いんですが、海外勢の買いが続かないんですよね。

外国人投資家に無視された日本株と安倍政権 ※東洋経済オンライン

「外国人投資家から無視された日本株と安倍政権」――。ひとことで今のマーケットを言い表せばこんな感じだろうか。

5月18日、19日と安倍政権は相次いで政策を発表したが、市場は悲しいほどに「ほぼ無反応」だったからだ。

時価総額の大きい東証1部の大型株はあまり動かず、新興企業が多いマザーズ市場が乱高下しているのが今の日本のマーケットだが、この動きが何を意味するか。「海外投資家が日本株に関心を失っている」と筆者は考える。

20-21日のG7も不発。

26日-27日の伊勢志摩サミットも「玉虫色の内容」になりそうな気がします。

財政出勤が期待できず、円高になった場合の為替介入も牽制され、消費税も予定通り増税する。

とりあえず伊勢志摩サミットが終わるまでは16000円を割るような売込みはないと思いますが、株高を期待できるほどでもない為、週明けはとりあえず様子見ですかね。

いや、週明けの初動はとりあえず売られそうなので、打診売りするのもいいか。悩みますね。
まあ、リスクをとってトレードするほどでもないでしょう。

<原油について>

NY原油(20日):最終取引の6月限に売り-週間ではプラス ※ブルームバーグ

インドの原油需要3か月連続で2桁増 ※油を売る日々

50ドル台に定着できるほど今後も上昇するとは言えませんが、40ドル前半まで落ちるような材料はなさそうです。

今週から原油先物の7月限が本格的にスタートする為、月曜の相場をまずは見極めたいところ。

<為替王 秘伝チャートシグナル>

NZドル円 買いシグナル

第1ターゲット価格:75.536 ※5/20シグナル
第2ターゲット価格:76.736 ※5/20シグナル
損切り(売りシグナル点灯):73.548 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

スイスフラン円 売りシグナル

第1ターゲット価格:110.329 ※5/19シグナル(5/20到達)
第2ターゲット価格:終わり値が110.12でシグナル点灯
損切り(売りシグナル点灯):111.531 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

ユーロドル 売りシグナル

第1ターゲット価格:1.12518 ※5/13シグナル
第2ターゲット価格:1.11318 ※5/13シグナル
損切り(売りシグナル点灯):1.14254 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

スイスフラン米ドル 買いシグナル

第1ターゲット価格:0.99083 ※5/16シグナル(5/20到達)
第2ターゲット価格:0.99587 ※5/17シグナル
損切り(売りシグナル点灯):0.95482 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

USDCAD 買いシグナル

第1ターゲット価格:1.30815 ※5/18シグナル(5/19到達)
第2ターゲット価格:1.32698 ※5/18シグナル
損切り(売りシグナル点灯):1.28984(第1)、1.28398(第2) ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

ドル円 買いシグナル

第1ターゲット価格:110.798 ※5/16シグナル
第2ターゲット価格:111.671 ※5/18シグナル
損切り(売りシグナル点灯):108.6 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

豪ドル米ドル 売りシグナル

第1ターゲット価格:0.71772 ※5/18シグナル
第2ターゲット価格:0.70872 ※5/18シグナル
損切り(売りシグナル点灯):0.73255 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

NZドル米ドル 売りシグナル

第1ターゲット価格:0.66214 ※5/18シグナル
第2ターゲット価格:0.65834 ※5/18シグナル
損切り(売りシグナル点灯):0.681 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

スイスフラン米ドル 買いシグナル

第1ターゲット価格:0.99083 ※5/16シグナル(5/20到達)
第2ターゲット価格:0.99587 ※5/17シグナル
損切り(売りシグナル点灯):0.95482 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

<どうする> ※裁量

・昨日の記事でも書いてますが、ドル高が続くとしてUSDCADロングを継続。
1.32台に到達したら9割ぐらい決済する予定。

・落ちるとしても緩やかだと思いますが、ドル高基調継続でユーロドルを今の水準で小額ショートする予定。

・ポンドについては英国民投票関連のヘッドラインが出るまで基本スルー。出たら短期でエントリーするのみ。

その場合はポンド円、ポンドスイスフランなどでポンド買い。

ユーロポンドは0.735を超えた場合に小額ショートする予定。

・ドル円の110.5ショートはG7の失望や消費増税で月曜日に円高になる可能性がある為、109.5~109.7ぐらいまではキープしたいところ。

粘りすぎると「まだ落ちる・・・落ちる・・・」と手放せなくなる可能性が高いので気をつけます。(10万通貨ですし)

でも今のドル円がドル高効果で109円をわるほど落ちると思えないので、109.5を割り込む場面があるなら買いたいところです。

・リスクオフ相場になりそうなら、豪ドル円、豪ドル米ドルなどを売る予定
※豪ドル円は79.54で小額売ってます

<どうする> ※トラリピ

・ユーロ円とユーロポンドは継続。

ユーロポンドについてはテスト中のトレンド診断機能付きのトラリピEAに切り替えます。

まだ機能のオン、オフが出来ないタイプしかないので、使い勝手が悪いですが(笑)

・7月限のWTI原油を下記設定でやろうと思います。

品目:原油
売買:ロング
取引LOT:3(1ドル増減で3000円ぐらい)
値幅:45~50
トラップ幅:25
利益幅:25
ガード:2
トレンド診断機能:オン(今はオンしかできない・・・)

[お願い事項]

このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

詳細は下記記事をご確認ください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

<XMを使う利点>

・レバレッジ888倍

・トレードに使える入金ボーナス

・追証なしのゼロカットシステム

・取引する毎にXMP(XMポイント)を取得出来、現金やボーナスに変換できる

・完全日本語対応で、日本語でのライブチャットやサポートチームも完備

・クレジットカードだけでなく、三井住友銀行経由での国内振り込みも可能。(24時間以内に対応で手数料は通常の銀行振込の手数料のみ)

海外FXブローカーのXMについての詳細は海外FX(XM)のメリットとデメリットについてをお読みください!

また、当ブログ経由でのXM口座開設であれば多数の特典を提供させて頂いております。
100%ボーナスで12.2万の証拠金があれば、逆指値トラリピEAを使って余裕で運用可能です!

是非ご利用ください!!

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。


[儲け話・・・]

儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたらページトップのお問い合わせをご利用ください。