週明け早々の安易なドル買いは控えた方がよさそうかな? さすがに下窓スタートはないと思いますが・・・。

[トラリピについて]

含み損を減らすガード機能とトレンド診断機能がある高性能トラリピEAをMT4で使ってます。

優良海外FXブローカーのXMで法人口座でやってます。
トラリピEAについては当ブログ経由のXM口座開設で無料提供させて頂きます。

<トラリピ設定> ※XMの法人口座で運用

週間のトラリピ実績も公開してますので興味ある人はどうぞ。

トラリピではないですが、a/20~6/24は過去最高の利益を上げました。運が良かったです。

英国民投票イベントの結果発表&ありえないレベルでやばいトレード実績・・・

3/5:豪ドル円再開、ドルカナダドル追加

トラリピEAにトレンド診断機能を実装して運用しています。(逆行相場で自動停止&予約注文削除)

通貨ペア:豪ドル円
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:85~89
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:10~20 ※開始時だけガード10、注文が出たらガード20
トレンド診断:オフ

通貨ペア:日経CFD
売買:ロング
取引LOT:25LOT(100円増減で2500円)
値幅:19000円~19800円
トラップ幅:50
利益幅:100
ガード:10
トレンド診断:オフ

通貨ペア:豪ドルNZドル
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:1.06~1.09
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:21 ※xmだと最低21にしないと動かない
トレンド診断:オフ

通貨ペア:ドルカナダドル
売買:ロング
取引LOT:2000通貨
値幅:1.3~1.35
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:20
トレンド診断:オフ

[XM口座開設特典]

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均でトラリピ可能。PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)
トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。



[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

5/6までXMが100%ボーナスを開催中です!

→5/6以降も100%ボーナスは継続決定しました。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーも対象になる為、過去に100%ボーナスを受けていても適用されます。

5万円入金で5万円ボーナスが付与される為、煽りぬきで活用しないのはもったいないです。

詳細は下記記事を参照してください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

[日経225オプションの自動売買について]

アイキャッチ

日経225オプションの自動売買をしています。

海外FXと違ってまとまった資金が必要ですが、手堅く利益が出ます。

詳細は下記記事をお読みください。

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

<運用実績>

2016年5月:121600円
2016年6月:188872円
2016年7月:261816円
2016年8月:316384円
2016年9月:345332円
2016年10月:541476円
2016年11月:970982円
2016年12月:754354円
2017年1月:1402523円
2017年2月(NEW):1174306円

毎月のSQの実績はこちらで公開してます。

日経225オプションと日経平均の相場分析&戦略についてはこちらで公開してます。

[今週の見通し]

—————————————-
3/5更新の他の記事

最新(3/1終わり値)の秘伝チャートシグナル

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2017年3月5日~の環境とリスク

—————————————

<米利上げについて>

金曜深夜のイエレンFRB議長講演は予想通り3月利上げを示唆するタカ派見解でしたが、講演前の時点で90%織り込まれていた為、sell the factで金利安、ドル安となりました。(Fed Watchだと79.7%)

FRB議長:3月利上げが「適切となりそうだ」、成長持続なら ※ブルームバーグ

「3月利上げ示唆」「年内3回の利上げ示唆」「バランスシート縮小開始は利上げがかなり軌道にのるまで待ちたい」という内容で、サプライズはなかったわけで、金曜時点で新たにドルを買い進める材料にはならなかった形。

米長期金利も一瞬2.52%まで上昇したもののすぐに下落しはじめ、クローズは2.482%でした。

米長期金利 日足

米長期金利

米長期金利 15分足

米長期金利15分足

FRBは先週1週間で急ピッチで3月利上げをマーケットに織り込ませた事と、金曜のイエレンさんの見解から考えると、3月15日のFOMCで利上げは100%として、年内3回利上げをそれ以上と示唆したり、バランスシート縮小開始のタイミングを示唆するような発表はない気がします。

10日の雇用統計の結果が過去に例がないぐらい悪い結果にならない限り15日の利上げは確定的ですし、ここ数ヶ月は良好な米指標が続いてる状況下で、10日の雇用統計が最悪な結果になると考えるのは無理があります。

では仮に雇用者変化数が予想上振れ、そして前回予想より悪くてドル売りになった平均時給が予想通り0.3%か、それ以上だったらFOMCで年内4回利上げ示唆やバランスシート縮小開始タイミングの示唆をする可能性が高まるかと言うとそれも難しい気がします。

勿論結果がよければ一時的にドル高になる可能性は高いですが、持続性には疑問が残りそうです。

まあ、週末金曜日の雇用統計を今の時点で気にかけてもしょうがないですのでこの辺で終わっておきます。

ちなみに予想下振れならドル安、金利安にはなりますが、15日に利上げが控えているので米長期金利がここ数ヶ月のレンジ下限の2.31%~2.32%まで下落するとは思えないので、下値は限定的となりそうです。

それと最近の米指標は予想上振れが当たり前になってきてますし、動きそうなのは8日のADP雇用統計と10日の雇用統計ぐらいだと思います。

<その他の比較的大きそうな変動要因>

・3月13日に議会に提出される予定の予算教書について、マーケットの期待を煽るヘッドラインが出た場合

1日のトランプ議会演説で明らかにされなかった、税制改革案やインフラ投資などで具体的な規模やスケジュールが出るかどうか。

・15日の米債務上限の否決懸念などネガティブな内容が出るとドル安、円高になるかも?

まあ、現時点であまりマーケットが騒いでない時点でたぶん延期するのだと思うので影響なさそうですが・・・。

米債務上限、財務長官が臨時措置で期限延長へ━OMB局長=TV ※ロイター

[ワシントン 27日 ロイター] – 米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長は27日、米政府の債務上限の期限が3月15日に到来した後、ムニューシン財務長官が臨時の財政措置を適用するとの見解を示した。

マルバニー局長は米フォックス・ニュースのインタビューで「実際に判断を下すのは財務長官だが、歴代の長官がしてきたように、ムニューシン長官も期限を延長するための措置を講じると私は予想している」と発言。その上で、債務の問題には8月の議会休会前に「確実に対応する」と語った。

ムニューシン長官は先月、上院の指名承認公聴会で、米政府の債務上限引き上げについて、議会との対立で金融市場に混乱が生じることを防ぐため、「比較的早期に」行うことが好ましいと述べた。

米議会は過去数十年にわたり、政府債務の法定上限を定期的に引き上げてきたが、「2015年超党派予算法」により、2017年3月15日の期限まで法定上限の適用は停止された。

期限を迎えるにあたり、議会は新たな債務上限の設定か、期限の延長を承認する必要がある。

ただ、アナリストなどの専門家は、議会が何も行動を起こさない場合でも、財務省は臨時の財政措置を講じることで、3月15日の期限到来後も借り入れを続け、数カ月は支払い不履行を回避することが可能とみている。

・3月9日のECB

2017年度中のQEは継続するにしても、2月のユーロ圏消費者物価指数はECBが目標と定めている2%に到達しましたし(2013年2月以来で初との事)、ECB後のユーロ安を見込んだ動きになる可能性は低そうです。

事前にテーパリング観測が高まってユーロ買いが入る可能性もなくはないですが、先週までのマーケットはECBのテーパリング観測ではなく、オランダ総選挙、フランス大統領選、ギリシャ債務などの懸念でしたし、今週どうなるかは今週の相場見てから考えればいいですね。

マーケットがより注目しているフランス大統領選については、「仏大統領選の第1回投票での世論調査で、マクロン前経済相の支持率が初めて極右政党国民戦線のルペン党首を上回る。マクロン氏の支持率前週から2ポイント上昇で27%、一方でルペン党首先週の27%より25.5%に低下」(Bloomberg)と出てユーロの買戻しが入りました。

米利上げのsell the factでのドル安もあわさり、ユーロドルは1.062前後でクローズしており、上述で書いたように新たにドル買いする材料も乏しい為、ユーロドルが一時的に1.07前後まで上振れする可能性もありそうです。

秘伝チャートの3月3日終わり値でユーロドル買いシグナルも出てますし、一時的に上に行くかもですね。

ユーロドル 買いシグナル

第1ターゲット価格:1.06757 ※3/3シグナル
第2ターゲット価格:1.07657 ※3/3シグナル

損切り:1.05069 ※日足で損切りか、到達で損切りかは要判断

15日FOMCで利上げを控えてるので、ECBでドラギさんがテーパリングを示唆する発言をしたり、雇用統計が超絶悪くない限りは日足で1.07を超える可能性も低いのではないでしょうか?

まあ、来週になればユーロドルのオプション情報も色々出てくるので、1.07より上にどれだけ厚いオプションが出てくるかですね。

<その他通貨ペア、品目の所感> ※曖昧

・豪ドルについて

3月FOMCで年内4回利上げ示唆、バランスシート縮小開始タイミングの示唆をされる可能性が低いので、対ドルで豪ドルが大きく売られる事もなさそうだし、米株下落により豪ドルが売られる事もあまりないか?

中国:17年の経済成長率目標、6.5%前後に設定-全人代開幕 ※ブルームバーグ

昨年の成長率目標は6.5-7%だったのが、7%前後になった事で豪ドル安にならなければたぶん豪ドルは底堅い展開?

後は7日のRBAで、強い表現で利下げを示唆するような事がなければ豪ドルは買われそうですが、ユーロ豪ドルでの豪ドル売りが続くと他の豪ドルクロスでも軟調になるかもです。

・米株について

豪ドルのところで書いたように利上げペースが速くなりドル高が加速しない限りは、現時点で株価が急落することはなさそうです。

ドル買いするよりNYダウなどを買ったほうが素直な値動きをしてくれるかも?

押し目があるなら買うべきでしょうか。

・ドル円について

材料出尽くしやユーロドルでのユーロ買い、ドル売りの影響や雇用統計下振れで、一時的に113円~113.5までの下落はありえそう。

米長期金利の下値が限定的である事を考えると、下がっても113.5円だと思うので、113円ミドルから買い下がりしてもよさそうです。

但し雇用統計までは日足で114.5円を超えて上昇するとも思えないので、上昇しても戻り売りや利益確定が入りそうです。

114円前半では買いづらいですし、他の通貨ペアや品目のがよさそうです。

・日経平均について

下記記事を参照。

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2017年3月5日~の環境とリスク

ドル円より日経平均のほうが底堅くなりそうなので、19300~19450ぐらいならリスクを取って買ってもよさそう。

LOTを抑えたうえで週明け打診買いしていこうと思います。

・原油について

週末に原油の一時的な供給リスクで買われましたが、55ドルを超えて上昇する展開にはならなそうです。

今週は下方向よりのレンジになるかも?

NY原油(3日):反発、リビア最大の積み出し港を武装組織が制圧 ※ブルームバーグ

上昇の理由が霞んでゆく原油相場 ※油を売る日々

・ゴールドについて

テクニカル的には下方向になったぽいですが、正直よくわからないです。

1220ドルをもし下回る事があれば打診買いしてみるぐらいですね。(前はそこで反発したので)

<どうする> ※裁量について

昨日の記事に書いたように今週はLOTもかなり下げて、トレード頻度も減らす予定です。

投資・投機以外の要因で非常に面倒な事をしないといけなくなり、出来るだけストレスを減らしたいからです。

脱サラしてからFX以外のストレス耐性が低くなってるので、無理しない事にします。

<どうする> ※トラリピについて

・豪ドル円を週明け早々開始する予定ですが、ガード値を開始時のみ10、その後20にしようと思います。

豪ドルが落ちる時はあまり反発せずに落ちる事が多い為、ガード20だとほとんどポジション取らないのでそのようにしておこうと思います。(決済は減りますけど)

・ドルカナダドルロングのトラリピをやろうと思います。

トラリピは3つに絞りたいところですが、ドルカナダドルは下値リスクが1.3前後と低いので、稼動させる事にしました。

既にかなり買われてるのでLOTは2000通貨、ガードも20にしておきます。(ある程度下落したら3000通貨にするかも)
まあ小遣い稼ぎです。

通貨ペア:ドルカナダドル
売買:ロング
取引LOT:2000通貨
値幅:1.3~1.35
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:20
トレンド診断:オフ

[秘伝チャートシグナル]

為替王秘伝チャートシグナル情報量が多くなってきたので、別記事としてアップしておく事にしました。

[お願い事項]
このブログは人気ブログランキング参加しており、バナーを「クリック」すると「ランキング順位」が上がります。
クリック=評価だと考えてますので、宜しくお願いします!
ご面倒だと思いますが、2つのバナーを両方ともクリックしてくれると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

詳細は下記記事をご確認ください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

<XMを使う利点>

・レバレッジ888倍

・トレードに使える入金ボーナス

・追証なしのゼロカットシステム

・取引する毎にXMP(XMポイント)を取得出来、現金やボーナスに変換できる

・完全日本語対応で、日本語でのライブチャットやサポートチームも完備

・クレジットカードだけでなく、三井住友銀行経由での国内振り込みも可能。(24時間以内に対応で手数料は通常の銀行振込の手数料のみ)

海外FXブローカーのXMについての詳細は海外FX(XM)のメリットとデメリットについてをお読みください!

また、当ブログ経由でのXM口座開設であれば多数の特典を提供させて頂いております。
100%ボーナスで12.2万の証拠金があれば、逆指値トラリピEAを使って余裕で運用可能です!

是非ご利用ください!!

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。


[おすすめ記事]

考察&手法

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

今からでも遅くない!? ゴールドでトラリピという選択肢

・くるくるワイドを簡単にやる方法

くるくるワイドを簡単にやる方法(結果レポート)

月収30万~40万稼げるローリスクなトラリピ設定

→7/13~8/7の4週間で426295円稼げました。進捗は週間トラリピ実績を参照。

月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定

→9/21~10/16の4週間で164986円稼げました。

月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定

→11/2から本格始動。

初心者必見! トラリピの含み損とトレーダーの精神的負荷について

トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~

FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~

FXあるある失敗談~その他~

ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~

XMのメリット/デメリットや特色について

当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典

XMの口座開設マニュアル

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり

スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法

海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!

最少スプレット0pips! XM ZERO口座

XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

トラリピEAにトリガー機能を搭載! ※指定した価格に到達したらトラリピ開始

トラリピEAにトレンド診断機能を搭載! ※逆行相場で自動停止&予約注文削除

トラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載! ※自動押し目買い、戻り売りが可能

トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
原油先物日経平均のトラリピEAもあり。

トラリピシミュレーターの無料提供

M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い

M2Jトラリピの落とし穴

MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!

[儲け話・・・]

儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたらページトップのお問い合わせをご利用ください。