北朝鮮ネタで週明け下窓なら押し目買いのチャンスか? 今週の見通し

北朝鮮ネタぐらいしかマーケットが反応しそうなリスクオフネタがなさそうです

[トラリピについて]

含み損を減らすガード機能とトレンド診断機能がある高性能トラリピEAをMT4で使ってます。

優良海外FXブローカーのXMで法人口座でやってます。
トラリピEAについては当ブログ経由のXM口座開設で無料提供させて頂きます。

<トラリピ設定> ※XMの法人口座で運用

週間のトラリピ実績も公開してますので興味ある人はどうぞ。

4/30:5/1の相場を見てドル円の短期トラリピを追加

トラリピEAにトレンド診断機能を実装して運用しています。(逆行相場で自動停止&予約注文削除)

通貨ペア:豪ドルNZドル
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:1.07~1.1
トラップ幅:10
利益幅:30
ガード:21 ※xmだと最低21にしないと動かない
トレンド診断:オフ

通貨ペア:豪ドルスイスフラン
売買:ロング
取引LOT:4000通貨 ※0.75を超えたら3000通貨に戻す
値幅:0.72~0.77
トラップ幅:10 ※0.75を超えたら15に戻す
利益幅:40
ガード:16 ※xmだと最低16にしないと動かない
トレンド診断:オフ

通貨ペア:ドル円 ※短期トラリピ
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:109円~112円 ※112.3で全決済して終了
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:5 
トレンド診断:オフ

[XM口座開設特典]

当ブログ経由のXM口座開設特典

含み損を減らすガード機能付きの逆指値トラリピEAの提供
※FX、原油日経平均ゴールドでもトラリピ可能。

・くるくるワイド用の指値トラリピEAを別途提供。
基本機能以外だと、指値/逆指値モード切替、ストップロス、EA停止条件&停止後の処理機能など機能を絞ったトラリピEA。

PC初心者でも簡単に設定可能な画像付きのマニュアルあり。
MT4で稼動出来るまでサポートします!(今まで稼動出来なかった事例なし)

※トラリピEAは当ブログ経由で開設された口座でしか動かないEAとなります。

提供するトラリピEAに対応したトラリピシミュレーターの提供

為替相場のリアルタイム情報やXMの情報共有のメルマガ提供
※100名以上XMユーザーがいる為、問題が発生した時はユーザー間で情報共有

XMで2年以上取引して得たお得情報やボーナスの裏ワザ利用、注意点の情報ファイル
※XMユーザーからの情報展開もあり、この2年でずいぶん増えました。

5000円相当の商品が当選するチャンスがある雇用統計イベントに参加可能

・その他多数の特典あり!

デモ口座で試してみたい方はデモ口座用のトラリピEAを提供しますので、気軽にご連絡ください。

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

5/6までXMが100%ボーナスを開催中です!

→5/6以降も100%ボーナスは継続決定しました。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーも対象になる為、過去に100%ボーナスを受けていても適用されます。

5万円入金で5万円ボーナスが付与される為、煽りぬきで活用しないのはもったいないです。

詳細は下記記事を参照してください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

[日経225オプションの自動売買について]

アイキャッチ

日経225オプションの自動売買をしています。

海外FXと違ってまとまった資金が必要ですが、手堅く利益が出ます。

詳細は下記記事をお読みください。

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

<運用実績>

2016年5月:121600円
2016年6月:188872円
2016年7月:261816円
2016年8月:316384円
2016年9月:345332円
2016年10月:541476円
2016年11月:970982円
2016年12月:754354円
2017年1月:1402523円
2017年2月:1174306円
2017年3月:1415862円
2017年4月(NEW):1345072円

毎月のSQの実績はこちらで公開してます。

日経225オプションと日経平均の相場分析&戦略についてはこちらで公開してます。

[今週の見通し]

—————————————-
4/30更新の他の記事

日経225オプション&日経平均の相場分析 ※2017年5月1日~の環境とリスクと相場予想

—————————————

今週に関しては日曜に今週のざっくりとした見通しを立てるほど、相場の基調に変更はないように思えます。

日本が5/3~5/5がGWで祝日で流動性が多少低下するからというわけではなく、リスクオン相場から一気にリスクオフ相場に変動するような材料がなさそうだからです。

ちなみに土曜日のマーケットクローズ後に北朝鮮がまた弾道ミサイルを発射しましたが、北朝鮮の50キロ圏内で爆発となり、どこを狙ったかは不明なものの失敗なようです。

北朝鮮がミサイル試射、失敗か-米国務長官の演説から数時間後に ※ブルームバーグ

北朝鮮「さらなる挑発も」と首相、国際社会の一致訴え ※ロイター

マーケットに出ている情報や見解を読む限り、海外は冷静に受止めてるようですし、昨今の北朝鮮有事ネタは、戦争に発生するほどのリスクとは受止められていない為、週明けにリスクオフになっても一時的になりそうです。

仮に下窓でも「地政学リスクで下がっても一時的で反発する」というセオリーが通用しそうな相場情勢と思います。

基本的にリスクオン相場が継続すると思いますが、大きめの変動要因は多数ある為、それらをピックアップしておきます。

<大きめの変動要因>

・上記で上げた北朝鮮有事ネタ。相場の基調が変わるほどのリスクではないと思いますが、北朝鮮が再度ミサイルでも撃てば、ある程度マーケットはリスクオフよりに反応せざるを得ないです。(継続性はともかく)

・5月3日~5日は本邦株式市場がGWで休場&本邦金融機関も休みの為、仲値にかけてドル買いが強まる可能性が高いです。

理由はこちらを参照してください。
個人で考えるなら連休前に海外旅行するから、円を売って、ドルを買うという話です。
企業で考えるなら、顧客の外貨需要が増えるのが見えてるからあらかじめ購入しておくみたいな話です。

と言うことで、特に連休前の2日は円売り、ドル買いが増えそうなので、仮に週明けに北朝鮮リスクで円高なら押し目買いしとけばよさそうな気がします。

少なくとも今週は円高が継続するようなリスクイベントはないと思います。

・5/7のフランス大統領選の決選投票。

5/3にマクロン氏、ルペン氏のテレビ討論会などはありますし、直近の世論調査などがあるかもしれませんが(禁止期間とかになってないかも?)、ルペン大統領誕生リスクはほぼない為、おそらくは反応しないと思われます。

「ルペン大統領リスクがほぼない」という観測を信用出来る理由は、1回目の投票結果がおよそ世論調査どおりになったからと、マーケットが恐れていた隠れルペン派がいなかったからです。

1回目の投票結果で隠れルペン派がいない以上、決選投票になってからいきなり隠れルペン派が増えるとは考えられませんし、世論調査の予想の通りマクロン60%、ルペン40%ぐらいの結果になると考えてよいでしょう。

まあ、どちらにしても現時点で材料視されてない事なので、考えるのは5/3のテレビ討論会後でも遅くは無いでしょう。

・5/3のユーロ圏四半期GDPの予想上振れとなれば、ECBテーパリング観測が更に高まる可能性

先週はドラギ総裁が現時点でのテーパリング観測を否定しましたが、翌日のユーロ圏消費者物価指数は予想上振れの1.9%となり、ユーロの買戻しが進みました。

少なくとも予想下振れとならなければ売られる事はなさそうですし(直前に期待で上がってたら落ちますが)、5月4日の24時30分にドラギ総裁講演がある為、先週の消費者物価指数の結果を受けて見解が変わるかも? とマーケットの注目は高まりそうです。

・5月3日27時のFOMCについて

今回は声明のみで記者会見も予定されておらず、前回からFRBが弱気になるほどの相場基調の変動もない為、少なくとも下方向のリスクはなさそうです。

先週時点ではマーケットの事前期待、警戒を織り込む動きは出てないですし、現時点では無風ではないか? と思えますが、今までFOMCでまったく動かなかったことはないですし、FOMCが終われば一つの変動要因がなくなった事で新たなフローも出やすいので、無警戒ではいられない感じです。

・5月の米雇用統計とイエレンFRB議長を含む多数のFRBメンバーの講演について

前回の雇用統計は予想大幅下振れの9.8万(予想18万)だったが、既に完全雇用を達成済みで、平均時給は予想並み、失業率は予想を大きく上振れ(4.7%→4.5%)た事もあり、初動のドル売り後反発しました。

過去10ヶ月の雇用者変化数の予想が連続で下回った事はないですし、西原メルマガによると7.5-12.5万人程度あるなら6月利上げにさほど影響ないみたいです。

雇用者変化数が前回のように予想大幅下振れなら初動は売られるかもしれませんが、平均時給と失業率の結果を見て、冷静にエントリーすれば利益は出せる可能性が高い気がしますね。

そして今回は雇用統計後にFRBメンバーの講演が続きます。
FOMCで記者会見がないので、こちらに注目は集まることになります。

まあ、今の時点で考えても仕方ないのでスケジュールだけ貼っておきます。

———————————–
5月5日

翌0:30 フィッシャーFRB副議長、講演
翌1:30 ジェンティローニ伊首相、講演
翌1:45 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
翌2:30 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、エバンス米シカゴ連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
翌2:30 イエレンFRB議長、講演
———————————–

・多数の経済指標

強いリスクオフ要因がない今週のリスクオン相場では、経済指標の結果に対してそれなりに反応しそうです。

まあ、米指標については、4月28日のGDPがかなり予想下振れだったのに、労働コスト指数が0.8%と予想上振れだったから大きく買われたりしたので、正直なんとも言えませんが・・・。

モルガンスタンレーのGDP事前予想がかなり弱かったので、それよりましだったから買われたか、そんな噂もあるたしいですが、28日のGDPを受けての動きは腑に落ちませんでしたしね。

米指標より、ひたすら上昇しているポンドに影響する英指標(製造業、建設業、サービス業PMI)などのほうが素直に動くかもしれません。

<その他気になる点>

・豪ドルが下げ止まるか、更に下がるか?

ちなみに豪ドルと連動しやすい鉄鉱石は、勢いはないものの先週もじりじり下がり続けています。

5月2日のRBAは据え置きとしても同時に声明も出ますし、5月5日の10時30分にRBAの四半期金融政策報告もあるので、豪ドルが大きく動く可能性もありそうです。

それと本日発表された中国製造業PMIが予想下振れなのでそれもネガティブかな?

中国:4月の製造業PMI、約5年ぶり高水準から低下 ※ブルームバーグ

勿論対ユーロ、ポンド、ドルなどの動きでもそれなりに変動しそうです。

・カナダドル安が今週も継続するのか?

トランプ氏「NAFTA再交渉可能」、条件合意失敗なら撤廃 ※ロイター

[ワシントン 27日 ロイター] – トランプ米大統領は27日、米国は北米自由貿易協定(NAFTA)についてメキシコ、およびカナダと再交渉できると楽観的な見方を示したものの、「公正な」通商条件で合意できなかった場合はNAFTAを撤廃するとの意向を示した。

トランプ氏はアルゼンチンのマクリ大統領との会談で、NAFTA撤廃を計画していたが、メキシコとカナダの両国首脳と協議した後、何らかの合意が得られるか見るために撤廃計画は延期したと説明。

トランプ大統領は記者団に対し「システム全体にとりかなりの衝撃となる可能性のあるNAFTA撤廃よりも、再交渉を進めることにした」と述べた。ただ「米国にとり公正な合意が得られなかった場合、NAFTAを撤廃する」とした。

少なくともカナダにとって良い結果になる事はないでしょうし、カナダドルが売られるのも当然なのかもしれません。

ドルカナダドルのトラリピをさっさと終了させたのは早まりました。。

・ゴールドについて

週明けに北朝鮮リスクなどで1270ドル以上に上昇するなら、戻り売りを狙ってもいいかもしれません。

先週金曜は反発して1267ぐらいで終わりましたが、積極的に買われる地合いではないと思います。

<どうする> ※裁量

ポンドドルロングとポンドスイスフランロングを持ち越しているので、週明けにリスクオフで下窓だとマイナス圏になってるかもしれません。

とりあえず上記に書いたことを想定しつつ、週明けの相場を見てから考えます。

<どうする> ※トラリピ

週明けの相場を見てから判断しますが、ドル円が大きく下がりそうになく、少なくとも112円を超える可能性は高そうなので、109円~112円の短期買いトラリピを仕掛けようと思います。

通貨ペア:ドル円 ※短期トラリピ
売買:ロング
取引LOT:3000通貨
値幅:109円~112円 ※112.3で全決済して終了
トラップ幅:10
利益幅:40
ガード:5 
トレンド診断:オフ

112.3円ぐらいまで上昇したら例え上昇が強くても完全に停止させる予定です。
理由は私がトラリピメインでやってないからです。

昨年からずっとネガティブ予想のJPモルガンの佐々木さんがドル円113円前半~114円予想をしてますし、新たなリスクオフ要因が出なければ大きく落ちないと思うんですよね・・・。

短期円安トレンドの現実味=佐々木融氏 ※ロイター

sell in mayが警戒される5月には入りますが、フランス大統領選で大きく落ちて調整したしsell in mayはないのでは?(願望)

最後までお読み頂きありがとうございました!

このブログランキングに2つ参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

[XMの期間限定の100%ボーナスについて]

詳細は下記記事をご確認ください。

XM ゴールデンボーナス2016! 新規&既存ユーザーに100%ボーナスを提供!

<XMを使う利点>

・レバレッジ888倍

・トレードに使える入金ボーナス

・追証なしのゼロカットシステム

・取引する毎にXMP(XMポイント)を取得出来、現金やボーナスに変換できる

・完全日本語対応で、日本語でのライブチャットやサポートチームも完備

・クレジットカードだけでなく、三井住友銀行経由での国内振り込みも可能。(24時間以内に対応で手数料は通常の銀行振込の手数料のみ)

海外FXブローカーのXMについての詳細は海外FX(XM)のメリットとデメリットについてをお読みください!

また、当ブログ経由でのXM口座開設であれば多数の特典を提供させて頂いております。
100%ボーナスで12.2万の証拠金があれば、逆指値トラリピEAを使って余裕で運用可能です!

是非ご利用ください!!

●XM口座開設については口座開設マニュアルをご利用ください。

[おすすめ記事]

XMのメリット/デメリットや特色について

当ブログ経由での海外FX(XM)の口座開設特典

XMの口座開設マニュアル

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

国内FXと海外FXの違い ※税金の違いや法人口座についての解説あり

スプレット vs レバレッジ&入金ボーナスについて

XM ロイヤルティプログラムと効果的な利用方法

海外FX(XM)ではネッテラー(Neteller)がお勧め!

最少スプレット0pips! XM ZERO口座

XMでのCFD取引&FX売買でCFDチャートを活用しよう

トラリピEA&MT4について

トラリピEAにトリガー機能を搭載! ※指定した価格に到達したらトラリピ開始

トラリピEAにトレンド診断機能を搭載! ※逆行相場で自動停止&予約注文削除

トラリピEAに裁量トラリピ機能を搭載! ※自動押し目買い、戻り売りが可能

トレーリングストップ&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供
原油先物日経平均のトラリピEAもあり。

トラリピシミュレーターの無料提供

M2J指値トラリピと逆指値トラリピEAの違い

M2Jトラリピの落とし穴

MT4の機能を使ってトラリピ実績を出してみよう!

考察&手法

運用資金は200万以上推奨! 毎月手堅く稼げる日経225オプションの自動売買のご紹介

・くるくるワイドを簡単にやる方法

くるくるワイドを簡単にやる方法(結果レポート)

月収30万~40万稼げるローリスクなトラリピ設定

→7/13~8/7の4週間で426295円稼げました。進捗は週間トラリピ実績を参照。

月収10万~15万稼げるローリスクなトラリピ設定

→9/21~10/16の4週間で164986円稼げました。

月収30万稼げるローリスクなトラリピ設定

→11/2から本格始動。

初心者必見! トラリピの含み損とトレーダーの精神的負荷について

トラリピ徹底解説 ~基礎から表と裏まで~

FXあるある失敗談 ~根拠の薄いトレード~

FXあるある失敗談~その他~

ゼロカットシステムを利用したトレード手法 ~XMでバイナリーオプション(偽)をしてみよ~

[儲け話・・・]

儲けれる額は「個人差」がありますが、10万ぐらいはノーリスクで稼げますね。
ちなみにFXの口座開設キャンペーンを利用したキャッシュバックではありません。
もっと簡単に終わるものです。
ですが、これをブログで公開すると、他のFX関係のブログに管理者の利益が減ってしまう為、大々的に公開するのはやめておきます。
という事で、当ブログ経由でXMの口座開設&入金&往復取引1回以上して頂けた方に公開させて頂きます!

ご質問がありましたらページトップのお問い合わせをご利用ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

海外FX(XM)のメリットとデメリットについて

メリットデメリット画像
当ブログで紹介している海外FXブローカーであるXMのメリットとデメリットをまとめました。
詳細は「こちら」を参照ください。

トレンド診断&ガード機能付きの高性能トラリピEAを無料提供

トレンド診断

トレンド診断機能とガード機能を加えた高性能トラリピEAを当ブログ経由のXM口座開設で無料提供します!

詳細は「こちら」を参照ください。

原油ミニ専用トラリピEAを無料提供

原油アイキャッチ 原油ミニ専用のトラリピEAを当ブログ経由のXM口座開設&継続取引で無料提供します!
詳細は「こちら」を参照ください。

スワップならトルコリラ

http://kaigai-toraripi.com/wp-content/uploads/2015/02/2-e1424921813763.jpg スワップなら高金利のトルコリラを組合わせたEUR/TRYが魅力的です!
詳細は「こちら」を参照ください。

人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


トラップトレードランキング

FXブログの掘り出し物?

Twitter

このページの先頭へ